リファレンス > スクリプトステップリファレンス > ファイルに関連するスクリプトステップ > システム書式の使用
 

システム書式の使用

フォーマットをファイルに保存されているフォーマットまたは現在のシステムフォーマットに設定します。

参照 

オプション 

[オン] オプションでは、システムに設定されている書式が使用されます。

[オフ] オプションでは、ファイルに保存されている書式が使用されます。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

いいえ 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

各 FileMaker Pro Advanced データベースファイルには、データベースを作成したコンピュータの日付、時刻、および数字の書式が保存されています。これらの設定はコンピュータに現在設定されているシステム書式とは異なる可能性があります。

現在のシステム書式を使用する場合、ファイルとともに保存されている書式は変わりません。データの入力方法や表示方法が変わるだけです。たとえば、オーストラリアで作成されたデータベースは、通常、日付書式に「日、月、年」が使用されますが、米国では日付は通常「月、日、年」の順で記述されるため、このデータベースを米国で開くと、システム書式が異なることを警告するメッセージが表示されます。

[システム書式の使用] スクリプトステップを使用した起動スクリプトを使用して、システムの日付、時刻、数値の書式とファイルに設定されている書式が異なる場合にどちらの書式を使用するかを指定することができます。

例 1 

システム書式を使用する前にシステムの言語を確認します。OnFirstWindowOpen スクリプトトリガによって開始されます。

If [Get (システム言語) = "Japanese"]
システム書式の使用 [オン]
End If

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)