リファレンス > スクリプトステップリファレンス > フィールドに関連するスクリプトステップ > 次のシリアル値を設定
 

次のシリアル値を設定

シリアル番号の自動入力が設定されたフィールドの次のシリアル値をリセットします。

参照 

オプション 

[ターゲットフィールドの指定] では、スクリプトステップが操作するシリアル番号フィールドを指定します。指定するフィールドは、シリアル番号の自動入力が設定されたフィールドとして定義されている必要があります。

[計算結果] では、次のシリアル値を入力するか、または次のシリアル値を決定する計算式を作成します。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

このスクリプトステップを定義すると、シリアル番号の自動入力が設定されたフィールドとして定義されているフィールドの次のシリアル値を計算式で指定することができます。計算式は常にテキストの結果に評価されます。

たとえば、次のいずれかの操作の後に、次のシリアル値にリセットできます:

シリアル番号の自動入力が設定されたフィールドが使用されている FileMaker Pro Advanced データベースにレコードをインポートする

FileMaker Pro Advanced データベースから複数のシリアル番号を削除する

メモ 

このスクリプトステップは、指定したフィールドの実際の内容ではなく、そのフィールドの定義を変更します。

このスクリプトステップは、複数のファイルに対して動作可能です。別のファイルのフィールドを指定すると、FileMaker Pro Advanced ではそのファイルの指定されたフィールドのシリアル番号が更新されます。別のファイルのフィールドを指定するには、そのファイルへのリレーションシップを定義し、[ターゲットフィールドの指定] オプションでファイルのフィールドを選択します。

例 1 

Max 関数を使用して請求書 ID フィールドの最も大きい値を返し、使用可能な次の請求書 ID の番号を計算します。請求書 ID に数値以外のデータが含まれる場合、数値と数値以外のデータを維持する高度な計算式が必要になります。

レコード/検索条件/ページへ移動 [最後の]
次のシリアル値を設定 [請求書::請求書 ID; Max (請求書::請求書 ID) + 1]

例 2 

レコードをインポートした後、製品 ID フィールドオプションに次のシリアル番号値を設定します。日付および自動入力されたその他の値を維持するために [インポート中にフィールドに対して入力値の自動化オプションを実行] が選択されていない場合に便利です。

レコードのインポート [ダイアログあり: オフ ; テーブル: 製品 ; ソース: "新製品カタログ.xlsx" ; ワークシート: "在庫" ; 追加 ; Mac 英語]
次のシリアル値を設定 [製品::製品 ID; Get (レコード総数) + 1]

例 3 

次のシリアル値を入力するように求めるメッセージを表示します。

カスタムダイアログを表示 ["次のシリアル番号値を設定"; 請求書::次のシリアル値]
If [Get (最終メッセージ選択) = 1]
次のシリアル値を設定 [請求書::請求書 ID; 請求書::次のシリアル値]
End If

関連項目 

[レコードのインポート] スクリプトステップ

計算フィールドの定義

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)