リファレンス > スクリプトステップリファレンス > フィールドに関連するスクリプトステップ > フィールド設定
 

フィールド設定

現在のレコードの指定されたフィールドの内容全体を計算結果で置き換えます。

参照 

オプション 

[ターゲットフィールドの指定] では、置き換える内容を含むフィールドを指定します。フィールドを指定していないときに、ブラウズモードまたは検索モードでフィールドが選択されているとそのフィールドが使用されます。

[計算結果:] は、このスクリプトステップによって挿入される結果を求める計算式です。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

計算の結果はフィールドタイプと一致しなければなりません。たとえば、オブジェクトフィールドに日付計算の結果を割り当てることはできません。

指定されたフィールドが現在のレイアウト上に存在する必要はありません。

計算式の結果がターゲットフィールドのタイプに一致せず、フィールドの入力値の制限オプションが [常時] に設定されている場合、フィールドは設定されずエラーコードが返されます (エラーコードは Get (最終エラー) 関数を使用して処理することができます)。

可能な場合、[フィールド設定] スクリプトステップは、レコードをアクティブにしてレコードが終了するか確定されるまでアクティブな状態にします。一連の [フィールド設定] スクリプトステップを連続して使用するスクリプトではできればそれらのステップを 1 か所にまとめることをお勧めします。これにより、個々の [フィールド設定] スクリプトステップの後にレコードのロック、データのダウンロードまたはアップロード、フィールドの索引設定などをすることなしに、以降の [フィールド設定] スクリプトステップでレコードを処理することができます。これらの機能およびレコードレベルの入力値の制限はレコードの終了または確定後に実行されます。

ターゲットフィールドが繰り返しフィールドの場合は、繰り返し数を指定するかまたは計算式から繰り返し数を生成できます。

例 1 

請求書の総計の合計を統計フィールドに挿入します。

フィールド設定 [顧客::統計; Sum (請求書::総計)]

例 2 

[フィールドを名前で設定] の代わりに [フィールド設定] を使用してスクリプトを簡素化する場合について説明します。

#ターゲットフィールドが変更されない場合は、[フィールド設定] スクリプトステップを使用します。フィールド設定 [顧客::勤務先電話番号; 債権回収::電話番号]#[フィールドを名前で設定] を変更されないターゲットフィールドを使用する場合は、
#テキスト文字列として評価され、指定したフィールド名を返すようにターゲットのフィールドを
#クォーテーションマークで囲みます。クォーテーションマークを使用しないと、
#[フィールドを名前で設定] は指定されたフィールドを評価して、その結果をターゲットフィールドとして使用します。
#結果がフィールド名を指定していない場合は、何も処理されません。
フィールドを名前で設定 ["顧客::勤務先電話番号"; 債権回収::電話番号]

関連項目 

[フィールドを名前で設定] スクリプトステップ

計算フィールドの定義

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)