オブジェクト、レイアウトパート、およびレイアウト背景の編集 > レイアウト上のオブジェクトの配置 > さまざまなデバイスに対するレイアウトのサイズ変更
 

さまざまなデバイスに対するレイアウトのサイズ変更

画面ステンシルや非印刷ガイドを使用して、iPad、iPhone、iPod touch、またはさまざまな画面解像度を備えるコンピュータに対してレイアウトをデザインできます。レイアウトモードで、画面ステンシルは、デバイスの表示の推定表示領域を提供します。

画面ステンシルを表示するには、次の操作を行います

1. レイアウトモードで、レイアウトバー画面ステンシル 前面コマンドでオブジェクトは重なり順の前面に移動します の矢印をクリックします。

2. 次のいずれかの操作を行います:

 

目的

操作

画面ステンシルの表示

一覧からサイズを選択します。

カスタム画面ステンシルの設定

[カスタムサイズ...] を選択します。[高さ] と [] に値を入力します。

画面ステンシルの非表示

サイズの選択を解除します。

メモ 

画面ステンシルがデータベースに表示されている場合、ステンシルを非表示に設定するまですべてのデータベースで表示されます。

一度にカスタマイズできる画面ステンシルは 1 つのみです。

レイアウトバーの画面ステンシル 前面コマンドでオブジェクトは重なり順の前面に移動します をクリックして、表示されているすべての画面ステンシルを表示/非表示にすることができます。

共有ファイルを操作している場合、画面ステンシルは他のユーザには表示されません。

複数のサイズのデバイスがレイアウトにアクセスする場合は、レイアウトオブジェクトのサイズ変更を考慮してください。これにより、各デバイスに対してレイアウトが全画面に拡張されます。レイアウトオブジェクトの自動サイズ変更オプションの設定を参照してください。