リファレンス > スクリプトステップリファレンス > ファイルに関連するスクリプトステップ > 名前を付けて保存
 

名前を付けて保存

現在のファイルに名前を付けて保存します。

参照 

オプション 

[出力ファイルの指定] を選択すると、結果のコピーの名前と場所を指定できます。ファイルパスの作成を参照してください。次を選択できます:

[ファイルを自動的に開く] は、デフォルトのアプリケーションで出力ファイルを開くことができます。

[ファイルを添付した電子メールの作成] は、デフォルトの電子メールアプリケーションで新規メッセージを表示して出力ファイルを添付することができます。

ファイルを指定しない場合、現在のファイルのコピーが保存され、[複製ファイルの名前] ダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスでは、コピーのオプションを指定することができます。

ファイルのコピーを保存する方法を選択します:

[現在のファイルのコピー] を選択すると、現在のファイルの完全なコピーを保存します。

[最適化コピー (サイズ小)] を選択すると、現在のファイルの最適化されたコピーを保存します。

[データなしのコピー] を選択すると、レコードなしでファイルのコピーを保存します。

[すべてを含むコピー (単一ファイル)] を選択すると、すべてのオブジェクト内容がファイルに埋め込まれたファイルのコピーを保存します。

[フォルダを作成] では、出力ファイルパスを指定して新規フォルダを作成するかどうかを指定できます。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

一部 

FileMaker WebDirect 

いいえ 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

このスクリプトステップはファイルのバックアップコピーを作成するときに使用します。

メモ 

FileMaker Pro Advanced では、現在のファイルが共有されている場合、このスクリプトステップはサポートされません。

FileMaker Go の場合:

[すべてを含むコピー (単一ファイル)] を選択します。オブジェクトフィールドのオブジェクトがコピーに埋め込まれます。

[フォルダを作成] オプションはサポートされていません。

例 1 

現在のデータベースのコピーまたはデータなしのコピーを保存します。

カスタムダイアログを表示 ["現在のファイルのコピーまたはデータなしのコピーを保存しますか?"]
If [Get (最終メッセージ選択) = 1]
名前を付けて保存 [現在のファイルのコピー ; フォルダを作成: オフ]
Else
名前を付けて保存 [データなしのコピー ; フォルダを作成: オフ]
End If

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)