リファレンス > スクリプトステップリファレンス > ファイルに関連するスクリプトステップ > 名前を付けて XML として保存
 

名前を付けて XML として保存

開いているファイルのコピーをスキーマ、レイアウト、およびスクリプトの XML 表現として保存します。

参照 

オプション 

[ウインドウ名] は、開いているファイルのウインドウ名を指定します。

[保存先ファイル] は、作成する XML ファイルのパスです。ファイルパスの作成を参照してください。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

いいえ 

FileMaker WebDirect 

いいえ 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

いいえ 

起点 

FileMaker Pro 18.0 Advanced

説明 

このスクリプトステップは、[ツール] メニュー > [名前を付けて XML として保存...] を選択する操作に似ています。データベースのスキーマのドキュメント化を参照してください。

重要  この XML 形式は、顧客のフィードバックを収集するためのプレビューとして提供されます。今後の FileMaker Pro Advanced のバージョンで大幅に変更される可能性があり、運用システムでの使用は想定されていません。

メモ 

このスクリプトステップを実行するには、ユーザまたはスクリプトに完全アクセス権が必要です。スクリプトの作成と編集を参照してください。

例 1 

ウインドウ名が「在庫」である開いているファイルのコピーを XML ファイルに保存します。

名前を付けて XML として保存 [ウインドウ名: "在庫" ; 保存先ファイル:「Inventory.xml」]

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)