リファレンス > スクリプトステップリファレンス > フィールドに関連するスクリプトステップ > フィールド内容の再ルックアップ
 

フィールド内容の再ルックアップ

ルックアップのコピー元フィールドにある新しい値を現在の対象レコードにコピーします。

参照 

オプション 

[ダイアログあり] により、このスクリプトステップを実行したときにユーザがフィールド情報を確認できるダイアログボックスを表示するかどうかが指定されます。

[指定フィールドへ移動] では、再ルックアップ操作のターゲットフィールドを指定します。FileMaker Pro Advanced によって指定したフィールドにカーソルが移動されます。ここで指定するフィールドはルックアップのコピー元フィールドルックアップのコピー先フィールドではなく、ルックアップが基づくリレーションシップの照合フィールドでなければなりません。フィールドが選択されていない場合は、[フィールド内容の再ルックアップ] はエラーコードを返します。このエラーコードは、Get (最終エラー) 関数を使用して処理することができます。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

一部 

FileMaker Cloud for AWS 

一部 

FileMaker Data API 

一部 

カスタム Web 公開 

一部 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

[フィールド内容の再ルックアップ] スクリプトステップに対して指定するターゲットフィールドは編集可能なフィールドでなければなりません。

再ルックアップは、アクティブなテーブルのレコードの対象レコードに対してのみ実行されます。

[フィールド内容の再ルックアップ] スクリプトステップに計算フィールドを指定することはできません。計算フィールドを照合フィールドとして [フィールド内容の再ルックアップ] スクリプトステップを実行する場合は、計算式に対する入力フィールドを最低でも 1 つ [フィールド内容の再ルックアップ] スクリプトステップの引数として指定する必要があります。

[フィールド内容の再ルックアップ] スクリプトステップを使用する場合、操作を実行する前にデータを確定する必要があります。そうでない場合、予想外の結果になることがあります。レコード内のデータの確定を参照してください。

サーバーサイドスクリプト、FileMaker Data API、およびカスタム Web 公開では、このスクリプトステップを [ダイアログあり] オプションが [オフ] に設定された場合と同様に実行します。

例 1 

「顧客 ID」フィールドの値が一致するレコードを検索して、「顧客 ID」を照合フィールドとして使用するリレーションシップに基づく対象レコード内のすべてのルックアップを更新します。

レイアウト切り替え [「請求書詳細」]
一致するレコードを検索 [置換; 請求書::顧客 ID]
フィールド内容の再ルックアップ [ダイアログあり: オフ; 請求書::顧客 ID]

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)