関連テーブルの操作 > リレーションシップについて > 自己連結リレーションシップ
 

自己連結リレーションシップ

自己連結リレーションシップ (自己結合) とは、両方の照合フィールドが同じテーブル内に定義されているリレーションシップのことです。リレーションシップグラフには、リレーションシップのベースとなる 2 つめのテーブルオカレンスが生成されます。これは、リレーションシップが循環するのを防ぐためです (循環しているリレーションシップは評価できません)。

たとえば、現在のテーブルのレイアウト上のポータルで自己連結を使用して、各マネージャの下に配属されているすべての従業員を表示するなど、テーブル内の特定のデータを表示することができます。この例では、「従業員」という名前のテーブルを使用します。

自己連結リレーションシップを定義するには、次の操作を行います。

1. リレーションシップグラフで、自己連結リレーションシップに使用するテーブルを選択します。サイズ変更ボタン をクリックします。

リレーションシップグラフの操作およびリレーションシップの作成と変更を参照してください。

2. [リレーションシップ編集] ダイアログボックスの [テーブル] で、リレーションシップのそれぞれの側に同じテーブルを選択します。

上の例では、リレーションシップの両側で「従業員」テーブルを選択します。

3. 各テーブルオカレンスの照合フィールドを選択してリレーションシップを定義したら、[追加] をクリックして [OK] をクリックします。

4. 2 つめのテーブルオカレンスの名前を入力して [OK] をクリックします。

たとえば、「従業員 2」を「マネージャー」に変更します。

上の例では、「従業員::マネージャー ID」と「マネージャー::従業員 ID」が照合フィールドです。このリレーションシップは、「従業員::マネージャー ID」の値が「マネージャー::従業員 ID」の値と同じ場合、「従業員」テーブルの関連レコードを返します。

このリレーションシップはリレーションシップグラフで次のように表されます:

テキストノート表示の切り替え

自己連結の他の使用例は、FileMaker ナレッジベースを検索してください。

メモ 

リレーションシップグラフでテーブルを選択して テーブル表示の切り替え をクリックして、自己連結を作成することもできます。

関連項目

リレーショナルデータベースの計画