関連テーブルの操作 > リレーションシップの条件について > レコードの範囲を返すリレーションシップ
 

レコードの範囲を返すリレーションシップ

レコードの範囲を返すリレーションシップは、複数条件リレーションシップに似ていますが、比較演算子を使用して、指定した条件の 1 つよりは大きく、他の条件よりは小さいレコードを検索する点が異なります。一般的に、このようなリレーションシップは、一定範囲の日付やシリアル番号に該当するレコードを返す場合に使用します。

たとえば、テーブル E 内から、日付フィールド F の値が開始日 E よりは大きく、終了日 E よりは小さいテーブル F のレコードをすべて表示するとします。

リレーションシップグラフの ソーステーブルとソースファイル名を表示 記号は、リレーションシップで複数の異なるリレーショナル演算子が使用されていることを表します。

1 対多のリレーションシップの結果を表示する「顧客」テーブルと「注文」テーブルのレコード

リレーションシップ追加ボタン

このリレーションシップは、テーブル F から、日付フィールド F の値が開始日 E よりは遅く、終了日 E よりは早いレコードを返します。

たとえば、開始日 E の値が「2019/11/01」で、終了日 E の値が「2019/12/01」の場合、このリレーションシップは次の値を含む関連レコードを返します。

 

日付フィールド F

テキストフィールド F

2019/11/14

2019/11/27

開始日 E の値が「2019/12/01」で、終了日 E の値が「2020/01/01」の場合、このリレーションシップは次の値を含む関連レコードを返します。

 

日付フィールド F

テキストフィールド F

2019/12/02

2019/12/15

黄色

2019/12/17

オレンジ

2019/12/26

茶色

関連項目 

リレーションシップグラフの操作

リレーションシップの作成と変更

関連レコードを表示するためのポータルの作成