リファレンス > スクリプトステップリファレンス > ウインドウに関連するスクリプトステップ > ウインドウ内容の再表示
 

ウインドウ内容の再表示

関連レコードを含むアクティブウインドウの全内容を更新します。

参照 

オプション 

[キャッシュ結合結果を書き込む] を選択すると、関連レコードのクエリーの結果が削除され、関連レコードが更新されます。スクリプトが関連データには影響しないとわかっている場合、また、関連データへの再アクセスのパフォーマンスの影響を最小化する場合 (特にデータベースをネットワーク上で共有する場合) はこのオプションを選択しないでください。

[キャッシュ外部データを書き込む] を選択すると、関連する ODBC データソースレコードのクエリー結果が削除され、関連 ODBC レコードが再表示されます。FileMaker Pro Advanced は内部キャッシュを空にしてレコードデータを再表示します。スクリプトが ODBC データにアクセスしないことがわかっている場合にはこのオプションを選択しないでください。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

このスクリプトステップは、アクティブウインドウの内容全体 (すべての関連レコードを含む) を更新し、ウインドウ内で非表示になっているすべてのオブジェクトの表示状態を更新します。[ウインドウ内容の再表示] でも [ウインドウの固定] スクリプトステップの後でアクティブウインドウの更新が再開されます。

全ウインドウを再表示するために [キャッシュ結合結果を書き込む] を選択する必要はありません。

このスクリプトステップは現在の ODBC テーブルのレコード (行) を更新します。

メモ 

ウインドウ全体を更新せずに単一のレイアウトのオブジェクトを更新するには、[オブジェクトの更新] スクリプトステップを使用します。

FileMaker WebDirect では、このスクリプトステップですべての開いているポップオーバーが閉じられます。

例 1 

「合計」フィールドを更新して税金を含め、すべてのレコードが更新された後に警告音を鳴らします。

レコード/検索条件/ページへ移動 [最初の]
Loop
フィールド設定 [請求書::合計; 請求書::合計 * 請求書::税額]
レコード/検索条件/ページへ移動 [次の; 最後まできたら終了: オン]
End Loop
ウインドウ内容の再表示 [ ]
警告音

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)

FileMaker と ODBC データソースの間でのデータの更新