リファレンス > スクリプトステップリファレンス > その他のスクリプトステップ > ポータルの更新
 

ポータルの更新

名前付きオブジェクトのリレーションシップと内容を更新します。

参照 

オプション 

[オブジェクト名] は現在のレイアウトで名前の付いたオブジェクトです。[オブジェクト名] を指定しない場合、[ポータルの更新] は、アクティブなレイアウトオブジェクトを再表示します。オブジェクトの名前付けを参照してください。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 14.0

説明 

[ポータルの更新] は連結リレーションシップと関連レコードを表示しているポータルの内容を更新します。[ポータルの更新] は、ポータルのフィルタ計算で使用されているグローバルフィールドが変更されたときに使用します。たとえば、[ポータルの更新] を OnObjectExit スクリプトトリガと一緒に使用すると、ユーザがポータルのフィルタ計算式で使用されているフィールドの変更を確定した後でポータルが更新されます。

メモ 

FileMaker WebDirect では、[ポータルの更新] は [ウインドウ内容の再表示] スクリプトステップを実行します。

[オブジェクト名] に指定されたレイアウトオブジェクトがポータルでない場合、[ポータルの更新] は [オブジェクトの更新] スクリプトステップを実行します。

例 1 

ポータルのフィルタ計算式で使用されるグローバルフィールドの値を設定し、ポータルを更新します。

フィールド設定 [顧客::フィルタ; 16]
ポータルの更新 [オブジェクト名: "顧客注文"]

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)