リファレンス > スクリプトステップリファレンス > ファイルに関連するスクリプトステップ > ファイルの修復
 

ファイルの修復

壊れている FileMaker Pro Advanced ファイルを修復します。

参照 

オプション 

[ダイアログあり] により、このスクリプトステップの実行後に修復されたデータのバイト数、修復できなかったレコードとフィールド値の数、および修復されたフィールド定義の数を示すダイアログボックスを表示するかどうかが指定されます。

[ダイアログあり] の [オフ] の設定はデフォルトの修復操作に対してのみ適用されます。[詳細修復オプション] ダイアログボックスはサポートされていません。

[ソースファイルの指定] では、修復するファイルを指定します。詳細については、ファイルパスの作成を参照してください。ソースファイルを選択しなかった場合は、実行時に損傷したファイルを選択ダイアログボックスが表示されます。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

いいえ 

FileMaker WebDirect 

いいえ 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

[修復] コマンドは、壊れたファイルを再度開くために強力な処理を行います。このコマンドの目的はデータの修復でありファイルの修復ではありません。定期的なファイルメンテナンスの一環として [修復] コマンドを使用しないでください。

このスクリプトステップを実行すると、FileMaker Pro Advanced では壊れたファイルから可能な限り多くの情報が修復され、修復後のファイルとして新しいファイルが作成されます。元のファイルが削除されたり置換されることはありません。

メモ 

このステップを実行する前に、修復後のファイルを保存するために十分なディスクスペースがあることを確認してください。ディスクスペースが不足している場合、修復後のファイルを使用することはできません。

例 1 

「請求書バックアップ」を開いて、データベースが破損していた場合はデータベースの修復を行います。

ファイルを開く [非表示の状態で開く: オフ ; 「請求書バックアップ」]
If [Get (最終エラー) = 807]
ファイルの修復 [ダイアログあり: オフ; 「請求書バックアップ.fmp12」]
End If

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)