リファレンス > スクリプトステップリファレンス > アカウントに関連するスクリプトステップ > 再ログイン
 

再ログイン

ファイルを閉じて再度開く必要なく、別のアカウントとパスワードを使用してファイルにログインできます。

参照 

オプション 

[ダイアログあり] により、このスクリプトステップを実行したときに [<ファイル名> を開く] ダイアログボックスを表示するかどうかが制御されます。ユーザがファイルを開くにはこのダイアログボックスで手動でアカウント名とパスワードを入力するか、またはすでにダイアログボックスに表示されている情報を編集する必要があります。[ダイアログあり] を [オン] に設定している場合、FileMaker Pro Advanced ではこのスクリプトステップを実行すると、スクリプトステップとともに保存されているアカウントとパスワードの情報が使用されるか、または計算式から情報が生成されます。

[アカウント名:] では、認証するアカウントの名前を指定できます。

[パスワード:] では、このアカウントのパスワードを指定できます。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

一部 

FileMaker Server 

一部 

FileMaker Cloud for AWS 

一部 

FileMaker Data API 

一部 

カスタム Web 公開 

一部 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 7.0

説明 

テーブル、レコード、レイアウト、スクリプト、および値一覧へのアクセスなど、新しいアカウントに割り当てられているアクセス権はすぐに有効になります。

メモ 

このスクリプトステップは、FileMaker ファイルアカウント、ゲストアカウント、外部サーバーアカウントでのみ有効です。OAuth アイデンティティプロバイダで認証するアカウントの場合、エラーコード 3 (「コマンドが使用できません」) が返されます。

このスクリプトステップを実行する場合、完全アクセス権が割り当てられている必要はありません。どのアクセスレベルのユーザでも、このスクリプトステップを使用してデータベースに再ログインすることができます。

[エラー処理] スクリプトステップが有効な場合を除き、ユーザはアカウント名とパスワードの入力を 5 回まで試行することができます。

[エラー処理] スクリプトステップが有効な場合、ユーザがアカウント名とパスワードを入力できるのは 1 回だけです。

[ダイアログあり] オプションの動作は、スクリプトの実行場所に応じて異なります:

サーバーサイドスクリプト、FileMaker Data API、およびカスタム Web 公開では、このオプションが [オフ] に設定された場合と同様にこのスクリプトステップを実行します。

FileMaker WebDirect では、このオプションを [オン] に設定するとダイアログボックスが表示されます。ただし、スクリプトステップにアカウントとパスワードを保存する場合、この情報はダイアログボックスには表示されません。

例 1 

指定したアカウントを削除した後に再ログインするように求めるメッセージを表示します。

メモ  [アカウントを削除] スクリプトステップが使用されているので、このスクリプトを実行するユーザは完全アクセス権が必要です。

アカウントを削除 [アカウント名: "ユーザ"]
再ログイン [ダイアログあり: オン]

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)