レイアウトとレポートの作成と管理 > レイアウト上のフィールドの操作 > レイアウト上のフィールドの配置と削除
 

レイアウト上のフィールドの配置と削除

フィールドを定義したら、レイアウトの任意の場所に追加できます。フィールドは同じテーブルか、または関連テーブルから追加できます。

関連フィールドは、レイアウト上に直接配置するか、またはポータル内に配置することができますが、それぞれの方法で結果が異なります。関連フィールドの配置場所の決定を参照してください。

レイアウト上でフィールドを配置および削除するには、次の操作を行います。

レイアウトモードに切り替えて、レイアウトポップアップメニューからフィールドを追加するレイアウトを選択します。次に、次のいずれかの操作を行います:

 

目的

操作

フィールドタブを使用してフィールドを配置する

フィールドタブのフィールド一覧からレイアウト上の目的の位置へフィールドをドラッグします。

フィールドをポータルに配置する場合は、ポータルの最初の行に挿入します。

関連フィールドの場合、ポータルの各フィールドが、ポータルでレコードを表示するように設定されたテーブルに関連するテーブルのフィールドであることを確認してください。(関連レコードを表示するためのポータルの作成を参照してください。)

別のテーブルのフィールドを選択するには、フィールド一覧の上にあるテーブル一覧からテーブルを選択します(テーブル一覧が表示されていない場合は、ポップオーバーボタンツール をクリックします。)

またはテーブル一覧から [データベースの管理...] を選択してリレーションシップまたはテーブルを作成します。次にフィールドの一覧から関連フィールドを選択します。

サンプルデータを表示するように選択した ([表示] メニュー > [オブジェクト] > [サンプルデータ] を選択している) 場合を除き、フィールドにはフィールド名が表示されます。関連テーブルのフィールドには、「::フィールド名」のように表示されます。

オブジェクトフィールドを除くすべてのフィールドには、ブラウズモードでデータが表示される場所を示すテキストの基線が表示され、フィールドの整列に役立ちます。

フィールドタブでのフィールドの定義と変更を参照してください。

フィールドツールを使用してフィールドを配置する

ステータスツールバーのフィールドツール ポップオーバーバッジ からレイアウト上の目的の位置へフィールドをドラッグして、[フィールド指定] ダイアログボックスでフィールド名を選択します。フィールドラベルを挿入するには、[ラベルの作成] を選択します。

フィールドを追加してサイズ変更する

ステータスツールバーのフィールド/コントロールツール アイコンを左、テキストを右に配置ボタン (Windows) の横にある矢印をクリックするか、フィールド/コントロールツール アイコンを左、テキストを右に配置ボタン (macOS) をクリックしたままにします。十字線をドラッグしてフィールドを描画し、[フィールド指定] ダイアログボックスでフィールド名を選択します。

指定したコントロールスタイルでフィールドを追加する

ステータスツールバーのフィールド/コントロールツール アイコンを左、テキストを右に配置ボタン (Windows) の横にある矢印をクリックするか、フィールド/コントロールツール アイコンを左、テキストを右に配置ボタン (macOS) をクリックしたままにして、フィールドまたはコントロールスタイルを選択します。十字線をドラッグしてフィールドを描画し、[フィールド指定] ダイアログボックスでフィールド名を選択します。

フィールドを別のフィールドで置き換える

レイアウト上でフィールドをダブルクリックし、[フィールド指定] ダイアログボックスでフィールド名を選択します。

レイアウトからフィールドを取り除く

レイアウト上でフィールドをクリックし、Backspace キーか Delete キー (Windows)、または del キーか delete キー (macOS) を押します。この方法でフィールドを取り除いても、データベースからフィールドやそのデータが削除されるわけではありません。フィールドの定義と変更を参照してください。

メモ 

レイアウトに追加するフィールドの書式はレイアウトに適用されたテーマに基づきます。カスタムスタイルを適用して、フィールドの表示属性を変更できます。オブジェクト、レイアウトパート、およびレイアウト背景の編集を参照してください。

フィールドの適切なサイズを判断できるように、フィールドにフィールド名ではなく現在のレコードからサンプルデータを表示します。[表示] メニュー > [オブジェクト] > [サンプルデータ] を選択します。

テキスト行またはテキストブロックにフィールドデータを挿入するには、マージフィールドを使用します。レイアウト上でのマージフィールドの配置を参照してください。

ロゴやグラフィックの装飾といった固定イメージがすべてのレコードに表示されるようにレイアウトに配置するには、そのグラフィックをレイアウトに直接作成するか、貼り付け (ペースト) するか、またはインポートしてから、グラフィックをボディパートに配置します。レイアウト上でのオブジェクトの描画と挿入を参照してください。

レイアウトモードでフィールドの枠内のフィールド名を判読できない場合は、そのフィールドをダブルクリックすると、その名前が [フィールド指定] ダイアログボックスに選択された状態で表示されます。

フィールドはレイアウトの右のグレーの領域に配置できます。グレーの領域に配置したフィールドはレイアウトに保存することや、スクリプトステップで使用することができますが、ブラウズモード、検索モード、およびプレビューモードでは表示されません。ユーザは、そのようなフィールドを選択することや作業することはできず、印刷することもできません。

関連項目 

オブジェクトのコピー、複製、および削除

値一覧の定義

データ入力中にオートコンプリートを行なうためのフィールド設定

ドロップダウンカレンダーを表示するためのフィールド設定

ポップアップメニュー、チェックボックスセット、またはその他のコントロールを表示するためのフィールド設定