データからのグラフの作成 > レイアウトモードでのグラフの作成と編集 > 円グラフ
 

円グラフ

グラフの作成を開始するには、クイックグラフの作成またはレイアウトモードでのグラフの作成と編集を参照してください。

円グラフを設定するには、次の操作を行います。

1. グラフを作成するレコードを検索します。検索条件の指定を参照してください。

単一のレコードに保存されている区切りデータまたは関連レコードからのデータをグラフ化する場合、データソース設定を指定します。グラフのデータソースの指定を参照してください。

2. [グラフ設定] ダイアログボックスで、グラフの [タイプ] で [] を選択します。

3. [カテゴリラベル] で、新規フィールドボタン をクリックして [フィールド名の指定...] または [計算式の指定...] を選択し、ダイアログボックスに入力して [OK] をクリックします。これは比較対象のデータ (会社名など) であり、円グラフの各値データのラベルが決まります。

4. [スライスデータ] で、新規フィールドボタン をクリックしてデータ系列を指定します。これは測定対象のデータ (年間売上など) であり、円グラフの各値データの幅が決まります。

5. 集計データを含むクイックグラフを作成する場合、グラフインスペクタの [集計] メニューをクリックして異なる集計タイプを選択できます。

6. [凡例を表示] を選択して、円グラフの凡例を表示します。

7. グラフのオプションを選択します。

ヒント  グラフ上ですべてのデータポイントにラベルを付ける必要はありません。

 

目的

操作

カテゴリラベル値を表示する

[グラフに値を表示] を選択します。

各値データが示す合計のパーセントを表示する

[パーセント] を選択します。

小数点以下の桁数をパーセントで指定する

[小数点以下の桁数] で桁を入力します。

スライスデータのデータ値を表示する

[実際の値] を選択します。

スライスデータのフィールドタイプを指定する

[データタイプ] でフィールドのタイプを選択し、データ形式特性を選択します。たとえば、数字データは小数、パーセント、または通貨として表示できます。

メモ

カスタムの小数または 3 桁ごとの区切り点は ASCII の印刷対応文字である必要があります。チルダ記号 (~) は許可されません。

小数の桁数は 0 (ゼロ) から 99 です。

[小数点以下の桁数] に正の数を入力します。

データベースに保存されているスライスデータの値を小数、パーセントまたは通貨として表示する

[書式] で値を選択します。

カスタムの小数または 3 桁ごとの区切り文字を指定する

[小数] で文字を入力するか [3 桁区切りを使用] を選択して値を入力します。

小数または通貨の表記書式文字を含める

[表記法] で表記の位置を選択し、カスタム文字を入力します。

8. 配色、凡例の外観、またはフォントスタイルを変更するには、グラフインスペクタで [スタイル] をクリックします。グラフの外観の変更を参照してください。

9. [印刷] または [レイアウトとして保存] (クイックグラフ) をクリックするか、[終了] (レイアウトモードのグラフ) をクリックしてグラフを閉じます。クイックグラフの作成 または レイアウトモードでのグラフの作成と編集 を参照してください。

関連項目 

グラフのタイプについて