リファレンス > スクリプトステップリファレンス > 制御に関連するスクリプトステップ > スクリプト実行
 

スクリプト実行

一覧から指定されたスクリプトまたは名前から推定されるスクリプトを実行します。

参照 

オプション 

指定:

[一覧から] を使用すると、実行するスクリプトを選択することができます。

[名前で] を使用すると、計算式でスクリプト名を指定することができます。スクリプト名では大文字と小文字が区別されません。

[引数] では、指定したスクリプトのスクリプト引数を指定します。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

一部 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

外部ファイル内のスクリプトを使用する場合、外部ファイルを開く必要はありません。このステップが実行されると FileMaker Pro Advanced が自動的に開きます。

独立したスクリプトを使用すると、複雑なタスクをより細かい処理に分割することができます。また、印刷やレコードのエクスポートなどの一般的なタスクを独立したスクリプトに分けることで、複数のスクリプトからアクセスすることができ、時間の節約にもなります。たとえば、複数のスクリプトで同じ用紙設定と印刷オプションを使用することができます。一度これらのステップを定義して独立したスクリプトに保存しておけば、何度でも簡単にアクセスすることができます。

スクリプト引数を使用して、テキストまたは数字をスクリプトに渡します。定義した引数は、スクリプト内でアクセスすることや、Get (スクリプト引数) 関数を使用して他のスクリプトステップに渡すことができます。

スクリプト引数は、次のように処理を行います:

サブスクリプトに渡された場合以外は、親のスクリプト内にのみ存在します。スクリプトから別のスクリプトを呼び出す場合、呼び出されたスクリプト内の引数は親のスクリプト内の引数とは無関係です。

スクリプトの実行中にのみ存在します。スクリプト引数は、スクリプトが実行されるたびにリセットされます。

Get (スクリプト引数) 関数をサブスクリプトの引数として使用することで、スクリプト内で使用することや (ただし変更することはできません)、サブスクリプトに渡すことができます。また、[スクリプト実行] を使用して、サブスクリプトが呼び出されるたびに異なる引数を指定することもできます。サブスクリプトに渡される引数を変更しても、親スクリプトの Get (スクリプト引数) から返される引数の値は変更されません。

改行で区切って複数の値を含めることができます。特定の引数を取り出すには、LeftValues 関数MiddleValues 関数、および RightValues 関数を使用します。

ヒント  外部スクリプトを実行した後、元のファイルに戻るには、元のファイルの [スクリプト実行] スクリプトステップの直後に、[ブラウズモードに切り替え] または [レイアウト切り替え] スクリプトステップを追加します。これによりスクリプトは元のファイルに戻ります。

メモ 

[名前で] を使用して別の FileMaker Pro Advanced ファイル内スクリプトを指定する場合、計算式では <データソース名>::<スクリプト名> を対象として評価をする必要があります (「請求書::3 か月ごとに請求」など)。データソース名およびスクリプト名のいずれも大文字と小文字が区別されます。

スクリプトを実行するカスタムメニュー項目を定義している場合は、スクリプトおよびオプションのスクリプト引数を選択します。カスタムメニューの定義を参照してください。

FileMaker WebDirect、FileMaker Data API、またはカスタム Web 公開でスクリプトを実行する場合、スクリプトを含むファイルが同じホスト上に配置されて、アクセスを許可する適切な拡張アクセス権が有効になっている必要があります。アクセス権セットの拡張アクセス権の編集を参照してください。

外部ファイルがソリューションにバインドされている場合にのみ、Runtime ソリューションで外部スクリプトを実行できます。

例 1 

引数なしで「請求書レポートの印刷」スクリプトを実行します。

レイアウト切り替え [「請求書レポート」]
スクリプト実行 [指定: 一覧から; 「請求書レポートの印刷」; 引数: ]

例 2 

引数として [顧客名] フィールド値を使用します。請求書レポートレイアウトを含む新しいウインドウに現在の顧客の請求書が表示されます。

メインのスクリプト: 現在の顧客の請求書

一致するレコードを検索 [置換; 請求書::顧客 ID]
# 以下に定義する「顧客請求書の表示」サブスクリプトを呼び出します。
スクリプト実行 [指定: 一覧から ; 「顧客請求書の表示」; 引数: 請求書::顧客名]

サブスクリプト: 顧客請求書の表示

新規ウインドウ [スタイル: ドキュメント; 名前: "顧客: " & Get (スクリプト引数); 使用するレイアウト: 「請求書レポート」(請求書)]
レコードのソート [記憶する; ダイアログあり: オフ]

例 3 

デフォルトボタンとボタン 2 があるカスタムダイアログボックスを表示して、Get (最終メッセージ選択) で返されたユーザの選択に基づいて「ボタン 1」または「ボタン 2」という名前のスクリプトを実行します。

カスタムダイアログを表示 ["続行しますか?"]
スクリプト実行 [指定: 名前で ; "ボタン" & Get (最終メッセージ選択) ; 引数: ]

関連項目 

[スクリプト実行] とスクリプト引数の例

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)

計算式について