レイアウトとレポートの作成と管理 > レイアウト印刷方法の設定 > ページ余白の指定
 

ページ余白の指定

レイアウトごとに余白の設定を変えることができます。余白を指定しない場合は、プリンタのデフォルト (初期設定) の余白が使用されます。この余白は、プリンタやプリンタドライバによって異なる可能性があります。ラベルや定型フォームへ印刷する場合のように、正確な間隔設定が必要なレイアウトを印刷する場合は、ページ余白を指定してください。

ページ余白を指定するには、次の操作を行います。

1. [ファイル] メニュー > [印刷設定...] (Windows) または [ファイル] メニュー > [用紙設定...] (macOS) を選択して、プリンタと用紙の設定を確認し、[OK] をクリックします。

プレビューモードで、ステータスツールバーの [印刷設定] (Windows) または [用紙設定] (macOS) をクリックすることもできます。

ご使用のコンピュータとプリンタに付属のマニュアルを参照してください。

2. レイアウトモードで、レイアウトバーレイアウト設定 角丸長方形ツール をクリックします。

3. [印刷] タブをクリックします。

4. [ページ余白設定を使用する] を選択して、余白の値を入力します。

左と右の余白を 1 ページごとに入れ替える場合 (最初のページは内側の余白を左側に、次のページは内側の余白を右側にするなど) は、[見開きページ] を選択します。

5. [OK] をクリックします。

6. 余白を確認するには、プレビューモードに切り替えます。

余白が細い点線で表示されます。

レイアウト上のデータのプレビューを参照してください。

メモ 

レイアウトモードで余白の目盛りの幅を変更するには、定規を右クリック (Windows) または control キーを押しながらクリック (macOS) し、ショートカットメニューから単位を選択します。定規とグリッドの使い方を参照してください。

レイアウトモードで、ページ余白を印刷されるとおりに表示するには、[表示] メニュー > [ページ余白] を選択します。レイアウトにナビゲーションパートが含まれる場合、レイアウトモードではページ余白は表示されません。

[印刷時の段数 <n> 段] オプションを選択してから、ページ余白を指定すると、指定した余白に対応するように段のサイズが調整されます。段組を使用したレコード印刷の設定を参照してください。