リファレンス > スクリプトステップリファレンス > メニュー項目を開くためのスクリプトステップ > データソースの管理を開く
 

データソースの管理を開く

[外部データソースの管理] ダイアログボックスを開きます。

参照 

オプション 

なし

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

いいえ 

FileMaker WebDirect 

いいえ 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

いいえ 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

このスクリプトは、[外部データソースの管理] ダイアログボックスを開きます。ユーザは外部の FileMaker または ODBC のデータソースを作成、編集、または削除できます。このスクリプトステップは、[ファイル] メニュー > [管理] > [外部データソース...] を選択することと同じです。

メモ 

このスクリプトステップを実行するには、[完全アクセス] アクセス権セットが割り当てられている必要があります。完全アクセス権よりも低いアクセス権が割り当てられているユーザがこのスクリプトステップを実行するには、スクリプトパネルで現在のスクリプトを右クリックして、[完全アクセス権を付与] を選択します。

共有データベースのスキーマの変更の詳細については、ネットワーク上でのファイルの共有を参照してください。

例 1 

データベースのデータソースを管理するかどうかを確認するカスタムダイアログボックスを表示し、[外部データソースの管理] ダイアログボックスを開きます。

カスタムダイアログを表示 ["データベースの外部データソースを管理しますか?"]
If [Get (最終メッセージ選択) = 1]
データソースの管理を開く
End If

関連項目 

外部データソースへの接続

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)