リファレンス > スクリプトトリガリファレンス > OnPanelSwitch
 

OnPanelSwitch

パネルコントロールがパネルを変える場合にスクリプトが実行されます。これは、たとえばユーザが非アクティブのパネルをクリックしたり、スクリプトが別のパネルのオブジェクトにフォーカスを変更した場合に発生します。

スクリプト実行のタイミング

イベントが処理される前

トリガを使用できるモード

ブラウズモードと検索モード

結果

トリガされたスクリプト内で [現在のスクリプト終了] スクリプトステップを使用して真 (True) または偽 (False) の結果を返します。

真: スクリプトをトリガしたイベントは処理されます。

偽: スクリプトをトリガしたイベントはキャンセルされます。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 12.0

メモ 

OnPanelSwitch は、個別のパネルではなくパネルコントロール全体に適用されます。特定のパネルへの切り替えをコントロールするには、Get (トリガ現在のパネル)Get (トリガターゲットパネル) 関数を使用します。

このスクリプトトリガはパネルの切り替えイベントが処理される前にアクティブになるため、OnPanelSwitch がスクリプトに渡すスクリプト引数の値は、パネルが切り替えられる前に決定されます。このため、Get (トリガ現在のパネル) または Get (トリガターゲットパネル) の戻り値をスクリプト引数を使用してスクリプトに渡すと、値は 0 になります。有用な戻り値を取得するには、これらの関数をスクリプト引数内ではなく、OnPanelSwtich によってアクティブにされたスクリプト内でのみ使用してください。

関連項目 

スクリプトトリガの設定

レイアウトのスクリプトトリガの設定

オブジェクトのスクリプトトリガの設定