リファレンス > スクリプトトリガリファレンス > OnObjectModify
 

OnObjectModify

次の動作が発生した結果、オブジェクトに関連付けられた値が変更されたときにスクリプトが実行されます:

ユーザがオブジェクトに入力する

ユーザがチェックボックスなどのオブジェクトをクリックして値が変更される

切り取り (カット)、貼り付け (ペースト)、および消去などの編集操作

フィールドを変更する [テキストを挿入] などのスクリプトステップ

スクリプト実行のタイミング

イベントが処理された後

トリガを使用できるモード

ブラウズモードと検索モード

結果

なし

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

一部 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 10.0

メモ 

このスクリプトトリガは、パネルが切り替わったときにパネルコントロールで使用されている場合、アクティブにされます。

次の操作が実行されたとき、このスクリプトトリガはスクリプトをアクティブにしません:

スクリプトトリガを実行しない処理に記述されている操作

ウインドウが更新されて外部データソースからのデータが更新される

入力値の自動化フィールドが更新される

OnObjectModify スクリプトトリガは集計および計算フィールドに対して設定できますがアクティブにしません。

OnObjectModify によってスクリプトに渡されるスクリプト引数の値は、このスクリプトトリガがアクティブにされる前に決定されます。OnObjectModify をフィールドオブジェクトでアクティブになるように設定した場合、フィールドの変更後にスクリプトが実行されます。そのため、フィールドが変更される前の値がスクリプトで必要な場合は、スクリプト引数を使用して、フィールドの変更されていない値をスクリプトに渡します。ただし、スクリプトで変更後の値が必要な場合は、フィールドの現在の (変更後の) 値を取得するステップをスクリプトに含めます。

FileMaker WebDirect はフィールド内のキー操作をモニタするための OnObjectModify スクリプトトリガの使用をサポートしません (Web ユーザがキーボード、IME、または予測テキスト候補などを使用してテキストを入力する場合など)。OnObjectModify によるキー操作のモニタにより、パフォーマンスの低下または予期しない結果が発生する場合があります。

関連項目 

スクリプトトリガの設定

レイアウトのスクリプトトリガの設定

オブジェクトのスクリプトトリガの設定