リファレンス > スクリプトトリガリファレンス > OnObjectExit
 

OnObjectExit

次の動作が発生した結果、アクティブオブジェクトが終了される前にスクリプトが実行されます:

ユーザが Tab キーを使用してオブジェクトから移動する

ユーザが別のオブジェクトをクリック

スクリプトステップで別のオブジェクトをアクティブオブジェクトにする

ユーザが、通常フィールドを終了するためのダイアログボックスを要求

ユーザがポータルオブジェクト内の行間で移動

ユーザが繰り返しフィールド内の繰り返し項目間で移動

スクリプト実行のタイミング

イベントが処理される前

トリガを使用できるモード

ブラウズモードと検索モード

結果

トリガされたスクリプト内で [現在のスクリプト終了] スクリプトステップを使用して真 (True) または偽 (False) の結果を返します。

真: スクリプトをトリガしたイベントは処理されます。

偽: スクリプトをトリガしたイベントはキャンセルされます。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

一部 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 10.0

メモ 

FileMaker WebDirect では、Web ビューアに割り当てられた場合、このスクリプトトリガはアクティブになりません。

オブジェクトの書式設定の方法に関係なくトリガはアクティブにされます。

オブジェクトが入力を許可しないように設定されている場合、スクリプトステップを使用してオブジェクトが入力された場合にのみスクリプトをトリガできます。

OnObjectEnter スクリプトトリガ、OnObjectExit スクリプトトリガ、および OnObjectKeystroke スクリプトトリガは、集計フィールドと計算フィールドに割り当てられたときにアクティブにできます。

別のポータル行をクリックすると、終了した行の OnObjectExit スクリプトトリガがアクティブにされ、次に新しい行の OnObjectEnter スクリプトトリガがアクティブにされます。他のオブジェクトに割り当てられている OnObjectExit スクリプトトリガと同様に、スクリプトトリガは終了が実行される前にアクティブにされ、スクリプトの結果に基づいて終了が正しく行われたかどうかを判別します。

スクロールでオブジェクトがアクティブになることはなく、このスクリプトトリガがアクティブになることもありません。

このスクリプトトリガをアクティブにしないその他の処理の一覧については、スクリプトトリガを実行しない処理を参照してください。

OnObjectExit は、検索モードでポータルからアクティブにすることはできません。

関連項目 

スクリプトトリガの設定

レイアウトのスクリプトトリガの設定

オブジェクトのスクリプトトリガの設定