リファレンス > スクリプトトリガリファレンス > OnObjectEnter
 

OnObjectEnter

次の動作が発生した結果、レイアウトオブジェクトがアクティブになるとスクリプトが実行されます:

ユーザがオブジェクトにタブ設定をする

ユーザがオブジェクトをクリックする

スクリプトステップによってオブジェクトが入力される

ユーザが繰り返しフィールド内の繰り返し項目間で移動する

スクリプト実行のタイミング

イベントが処理された後

トリガを使用できるモード

ブラウズモードと検索モード

結果

なし

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

一部 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 10.0

メモ 

FileMaker WebDirect では、Web ビューアに割り当てられた場合、このスクリプトトリガはアクティブになりません。

OnObjectEnter スクリプトトリガOnObjectExit スクリプトトリガ、およびOnObjectKeystroke スクリプトトリガは、集計フィールドと計算フィールドに割り当てられたときにアクティブにできます。

OnObjectEnter がポータルオブジェクトに割り当てられたときは、別のポータル行が有効になるたびにアクティブになります。同じポータル行内の別のオブジェクトをクリックしてもポータルの OnObjectEnter スクリプトトリガは再びアクティブになりません。

OnObjectEnter は、検索モードでポータルからアクティブにすることはできません。

FileMaker Pro Advanced が検索モードに切り替わりフィールドに入力されたときにトリガが検索モードで実行されるように設定されていれば、OnObjectEnter がアクティブになります。

スクロールでオブジェクトがアクティブになることはなく、このスクリプトトリガがアクティブになることもありません。

ボタンポップオーバーボタン、またはパネルコントロールをクリックしても、ボタンやタブのスクリプトトリガはアクティブになりません。Tab キーでボタン、タブパネル、またはスライドパネルに移動してオブジェクトをアクティブにすると、このスクリプトトリガはアクティブになります。

Esc キーでポップオーバーを閉じるか、または [ポップオーバーを閉じる] スクリプトステップにより、関連するポップオーバーボタンをアクティブにして、OnObjectEnter スクリプトトリガをアクティブにすることができます。

このスクリプトトリガをアクティブにしない処理の一覧については、スクリプトトリガを実行しない処理を参照してください。

関連項目 

スクリプトトリガの設定

レイアウトのスクリプトトリガの設定

オブジェクトのスクリプトトリガの設定