リファレンス > スクリプトトリガリファレンス > OnLastWindowClose
 

OnLastWindowClose

データベースファイルの最後のウインドウを閉じるたびにスクリプトが実行されます。

スクリプト実行のタイミング

ファイルの最後のウインドウが閉じる前

トリガを使用できるモード

FileMaker Pro Advanced がモードから出た後に OnLastWindowClose がアクティブになります。

結果

トリガされたスクリプト内で [現在のスクリプト終了] スクリプトステップを使用して真 (True) または偽 (False) の結果を返します。

真: スクリプトをトリガしたイベントは処理されます。

偽: スクリプトをトリガしたイベントはキャンセルされます。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

一部 

カスタム Web 公開 

一部 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 12.0

メモ 

ファイル自体が開いたままであっても (ウインドウが開いている別のファイルから参照されている場合など)、スクリプトは実行されます。ファイルを閉じる際に実行するスクリプトは、指定したファイルの開いている最後のウインドウを閉じるたびに実行されます。

OnLastWindowClose スクリプトトリガで実行されたスクリプトが偽の値を返した場合、ファイルは閉じません。

FileMaker Data API およびカスタム Web 公開では、スクリプトが最後の仮想ウインドウを閉じたときにのみ、OnLastWindowClose スクリプトトリガがアクティブになります。

関連項目 

スクリプトトリガの設定

レイアウトのスクリプトトリガの設定

オブジェクトのスクリプトトリガの設定