リファレンス > スクリプトトリガリファレンス > OnGestureTap
 

OnGestureTap

レイアウト上でタップジェスチャが受信されたときにスクリプトが実行されます (Windows と iOS のみ)。

スクリプト実行のタイミング

イベントが処理される前

トリガを使用できるモード

OnGestureTap はブラウズモードおよび検索モードでアクティブにするように設定できます。

結果

トリガされたスクリプト内で [現在のスクリプト終了] スクリプトステップを使用して真 (True) または偽 (False) の結果を返します。

真: スクリプトをトリガしたイベントは処理されます。

偽: スクリプトをトリガしたイベントはキャンセルされます。

トリガしたスクリプトが値を返さない場合、スクリプトは続行しタップを正常に処理します。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

いいえ 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 13.0

メモ 

このスクリプトトリガは Windows 7 ではサポートされていません。

OnGestureTap は、アクティブな Web ビューアまたはアクティブな編集ボックス内でのタップではアクティブになりません。

次のジェスチャが、このスクリプトトリガをアクティブにします:

1、2、または 3 本の指でのタップ (iOS)

1 本の指でのダブルタップ (iOS)

2 本の指でのタップ (Windows)

1 本の指でダブルタップする場合は、1 回目と 2 回目のタップの時に 2 回アクティブになることに注意してください。

Windows: ジェスチャをサポートする Windows デバイスでは、1 本の指がレイアウトウインドウの外にあるものの、FileMaker アプリケーションウインドウ内にあれば、2 本指でのタップによってアクティブウインドウで OnGestureTap をアクティブにすることができます。

Windows: 2 本の指でタップする場合のジェスチャの位置は、タップする指の間の中心点です。

このスクリプトトリガをアクティブにするジェスチャについての情報は、Get (トリガジェスチャ情報) を使用して取得します。

関連項目 

スクリプトトリガの設定

レイアウトのスクリプトトリガの設定

オブジェクトのスクリプトトリガの設定