リファレンス > スクリプトステップリファレンス > 対象レコードに関連するスクリプトステップ > レコードを対象外に
 

レコードを対象外に

対象レコードから現在のレコードを除外するか、現在の検索条件をレコードの検索と除外との間で切り替えます。

参照 

オプション 

なし

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

このスクリプトステップは、対象レコードから現在のレコードを除外し (一時的に隠し)、テーブル内の次のレコードを現在のレコードにします。

[レコードを対象外に] はブラウズモードおよび検索モードでのみ使用できます。検索モードでこのスクリプトステップを実行すると、現在の検索条件がレコードの検索と除外との間で切り替わります。

例 1 

現在のレコードが現在の日付よりも前に作成されていた場合、現在のレコードを対象レコードから除外します。

If [請求書::作成日 < Get (日付)]
レコードを対象外に
End If

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)