リファレンス > スクリプトステップリファレンス > 対象レコードに関連するスクリプトステップ > 複数レコードを対象外に
 

複数レコードを対象外に

現在のレコードから指定された数の連続したレコードを対象レコードから除外してテーブル内の次のレコードを選択します。

参照 

オプション 

[ダイアログあり] により、このスクリプトステップを実行したときに除外するレコードの数の入力をユーザに求めるダイアログボックスを表示するかどうかが指定されます。

[ダイアログあり] オプションが [オフ] に設定されている場合に、レコード数を指定しないと現在のレコードだけが除外されます。

[レコード指定] では、除外するレコードの正確な数を指定します。計算結果は数字でなければなりません。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

一部 

FileMaker Cloud for AWS 

一部 

FileMaker Data API 

一部 

カスタム Web 公開 

一部 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

このスクリプトステップは、現在のレコードから開始する複数のレコードを対象レコードから除外し (一時的に隠し)、テーブル内の次のレコードを現在のレコードにします。

レイアウトモードでこのステップを実行すると、FileMaker Pro Advanced ではスクリプトステップの実行後は、自動的にブラウズモードに切り替えられます。

例 1 

現在の対象レコードのすべてのレコードを除外します。

レコード/検索条件/ページへ移動 [最初の]
複数レコードを対象外に [ダイアログあり: オフ; Get (対象レコード数)]

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)