リファレンス > 関数リファレンス > 日本語関数 > NumToJText
 

NumToJText

アラビア数字を日本語のテキストに変換します。

構文 

NumToJText (数値 ; セパレータ ; 文字種)

引数 

数値 - 任意の数、または数値を含むフィールド

セパレータ - セパレータを表す 0 から 3 の数値

文字種 - 種類を表す 0 から 3 の数値

戻り値のデータタイプ 

テキスト

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

セパレータ文字種の値が空白か、または 0 から 3 以外の数値である場合は、0 が使用されます。

セパレータ:

0 - セパレータなし

1 - 3 桁ごと (千単位)

2 - 10,000 単位 (西暦を示す日本語のテキスト (長い形式)) および 100,000,000 (明治時代を示す日本語のテキスト (短縮形式)) 単位

3 - 10 (10 を示す日本語の文字)、100 (10,000 を示す日本語の文字)、1,000 (平成時代を示す日本語のテキスト (長い形式))、10,000 (西暦を示す日本語のテキスト (長い形式))、および 100,000,000 (明治時代を示す日本語のテキスト (短縮形式)) 単位

種類:

0 - 半角の数字

1 - 全角の数字

2 - 漢数字 大正時代を示す日本語のテキスト (短縮形式)

3 - 古い漢数字 昭和時代を示す日本語のテキスト (短縮形式)

例 1 

NumToJText (123456789 ; 2 ; 0)数式 を返します。

例 2 

NumToJText (123456789 ; 3 ; 2)数式 を返します。

関連項目 

関数リファレンス (種類順)

関数リファレンス (名前順)

計算式について

関数について

計算フィールドの定義

計算式での演算子の使い方