リファレンス > スクリプトステップリファレンス > ウインドウに関連するスクリプトステップ > ウインドウの移動/サイズ変更
 

ウインドウの移動/サイズ変更

選択したウインドウのサイズまたは位置を調整します。

参照 

オプション 

[現在のウインドウ] は、スクリプトを実行したときに一番手前に表示されているウインドウを選択します。

[ウインドウ名:] は、開いているウインドウを名前で選択します。

[現在のファイルのみ] は、現在のファイルに一致するウインドウに制限します (このオプションを選択しない場合は利用可能なすべての FileMaker Pro Advanced ファイルに一致します)。

[高さ:] は、調整後のウインドウの高さ (ポイント単位) です。

[横幅:] は、調整されたウインドウの横幅 (ポイント単位) です。

[上端からの距離:] は、調整されたウインドウの画面の上端からの距離です (カードの場合、親ウインドウのレイアウトの上端からの距離)。

[左端からの距離:] は、調整されたウインドウの画面の左端からの距離です (カードの場合、親ウインドウの左端からの距離)。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

一部 

FileMaker WebDirect 

いいえ 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

調整後のウインドウでは、レイアウト、テーブル、対象レコード、および現在のレコードはすべて元のウインドウと同じ状態が維持されます。

メモ 

ウインドウ名を選択する場合、大文字と小文字は区別されません。

オプションの値をすべて入力する必要はありません。値が入力されていない場合は、FileMaker Pro Advanced ではウインドウの元の場所とサイズがデフォルトとして使用されます。

ウインドウの高さと横幅の最小値は、スクリプトを実行するユーザのオペレーティングシステムによって変わります。指定した高さや横幅の値が最小値より小さい場合は、FileMaker Pro Advanced では最小値が使用されます。

ウインドウの高さと横幅の最大値は、スクリプトを実行するユーザの画面の解像度によって変わります。指定した高さや横幅の値が最大値より大きい場合は、FileMaker Pro Advanced では最大値が使用されます。

上端や左端に負の値を指定して、画面の外にウインドウを移動することができます。これは、マルチモニタ環境で便利です。

macOS: このスクリプトステップはフルスクリーンウインドウには影響せず、エラーコードが返されます。

FileMaker Go では、このスクリプトステップはカードでのみサポートされています。

例 1 

「顧客情報」レイアウトに切り替え、ウインドウを FileMaker Pro Advanced ウインドウの左上隅 (Windows) または画面の左上隅 (macOS) に配置してウインドウのサイズを変更します。

レイアウト切り替え [「顧客情報」]
ウインドウの移動/サイズ変更 [現在のウインドウ; 高さ: 400; 横幅: 600; 上: 0; 左: 0]

関連項目 

[新規ウインドウ] スクリプトステップ

[関連レコードへ移動] スクリプトステップ

計算フィールドの定義

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)