リファレンス > キーボードショートカット (macOS) > モードのキーボードショートカット (macOS)
 

モードのキーボードショートカット (macOS)

FileMaker Pro Advanced の各種モードで作業するときは次のキーボードショートカットを使用できます。

 

切り替え後のモード

押すキー

ブラウズモード

コマンド-B

検索モード

コマンド-F

レイアウトモード

コマンド-L

プレビューモード

コマンド-U

ブラウズモードのキーボードショートカット

ブラウズモードでは、次のキーボードショートカットを使用して、レコードの作成、削除、複製、除外、ソート、および印刷を行うことができます。

 

目的

押すキー

レコードを新規作成する

コマンド-N

レコードを複製する

コマンド-D

レコードを削除する

コマンド-E

確認ダイアログボックスを表示せずにレコードを削除する

コマンド-option-E

最後の検索条件を変更する

コマンド-R

全レコードを表示する

コマンド-J

レコードのソート

コマンド-S

ファイル内の次のレコードに移動する

データ切り替えキーボードショートカットを参照してください。

ファイル内の前のレコードに移動する

データ切り替えキーボードショートカットを参照してください。

特定のレコードに移動する

esc (現在のレコード番号のボックスをアクティブにする) を押してからレコード番号を入力して enter キーを押す

レコードを対象外にする

コマンド-T

複数のレコードを対象外にする

コマンド-shift-T

アクティブなフィールドのドロップダウンリストまたはカレンダーの開閉

esc

アクティブなフィールドのポップアップメニューの開閉

スペースバー

レコードを印刷する

コマンド-P

ダイアログボックスを表示せずにレコードを印刷する

コマンド-option-P

ウインドウを再表示する

コマンド-shift-R

クイック検索ボックスをアクティブにする

コマンド-option-F

[フィールド内容の全置換] ダイアログボックスを開く (フィールドを選択しているとき)

コマンド-=

検索モードのキーボードショートカット

検索モードでは、次のキーボードショートカットを使用して、検索条件の作成と複製を行うことができます。

 

目的

押すキー

除外ボタンの選択/選択解除

コマンド-T

検索条件を作成する

コマンド-N

検索条件を削除する

コマンド-E

検索条件を複製する

コマンド-D

全レコードを表示する

コマンド-J

検索条件を実行する

enter (スクリプトが一時停止中の場合は無効です)

索引からペーストする

コマンド-I

次の検索条件に移動する

データ切り替えキーボードショートカットを参照してください。

前の検索条件に移動する

データ切り替えキーボードショートカットを参照してください。

特定の検索条件に移動する

esc (現在の検索条件番号のボックスをアクティブにする) を押してから検索条件番号を入力して enter キーを押す

レイアウトモードのキーボードショートカット

レイアウトモードでは、次のキーボードショートカットを使用して、オブジェクトの配置と整列、フィールドの書式設定、レイアウトツールの制御、およびレイアウトの作成を行うことができます。

レイアウトの作成とナビゲーション

 

目的

押すキー

新しいレイアウトを作成する

コマンド-N

次のレイアウトに移動する

データ切り替えキーボードショートカットを参照してください。

前のレイアウトに移動する

データ切り替えキーボードショートカットを参照してください。

特定のレイアウトに移動する

esc (現在のレイアウト番号のボックスをアクティブにする) を押してからレイアウト番号を入力して enter キーを押す

オブジェクトの選択と変更のキーボードショートカット

 

目的

押すキー

レイアウト上のオブジェクトを選択する

希望のオブジェクトを選択するまで、繰り返し tab または shift+tab を押す

複数のオブジェクトを選択する

shift キーを押しながらオブジェクトを 1 つずつクリックします。

メモ  矢印ポインタをドラッグして、対象のオブジェクトを完全に囲む選択ボックスを作成します。選択ボックスがオブジェクトを完全に囲む必要はありません。(選択ボックス内で囲まれたオブジェクトだけを選択するには、コマンド を押しながらドラッグします。)

インスペクタが開いている場合に、選択したオブジェクトのサイズを変更する

コマンド-1 キーを押してインスペクタの 位置 コマンド タブに移動します。サイズを変更する項目にタブで移動してサイズを入力し、return を押します。

選択したオブジェクトのサイズを、割合を維持したまま変更する

shift キーを押しながらハンドルをドラッグします。

複数のオブジェクトのサイズを、長さまたは幅の違いを維持しながら変更する

option-shift キーを押しながらハンドルをドラッグ

オブジェクトのサイズを変更している間、オブジェクトの反対側の端は固定されたままです。

選択したオブジェクトのスタイルをコピーする

コマンド-option-C

別のオブジェクトのスタイルをペーストする

コマンド-option-V

配置関係のキーボードショートカット

 

目的

押すキー

左辺を揃える

コマンド-option-左向矢印キー

右辺を揃える

コマンド-option-右向矢印キー

上辺を揃える

コマンド-option-上向矢印キー

下辺を揃える

コマンド-option-下向矢印キー

定規を表示または非表示にする

コマンド-option-shift-R

オブジェクトグリッドを表示または非表示にする

コマンド-option-Y

オブジェクトのサイズ変更時に、グリッド、ガイド、またはダイナミックガイドへのスナップ機能を解除する

コマンド キーを押しながらオブジェクトのハンドルをドラッグ

オブジェクトのドラッグ時に、グリッド、ガイド、またはダイナミックガイドへのスナップ機能を解除する

コマンド キーを押しながらオブジェクトをドラッグ

オブジェクトのグリッドへのスナップを切り替える

コマンド-option-shift-Y

オブジェクトの作成または編集時にガイドの表示/非表示を切り替える

コマンド-option-;

オブジェクトのガイドへのスナップを切り替える

コマンド-option-shift-;

オブジェクトの作成または編集時にダイナミックガイドを切り替える

コマンド-option-J

オブジェクト配置のキーボードショートカット

 

目的

押すキー

選択したオブジェクトを前面に移動する

コマンド-shift-[

選択したオブジェクトを最前面に移動する

コマンド-option-[

パートラベルの表示方向を変更する

コマンドキーを押しながらラベルをクリック

選択したレイアウトパートをオブジェクトを越えてドラッグする

option キーを押しながらパートをドラッグ

選択したオブジェクトを複製する

コマンド-D

オブジェクトをドラッグして複製する

option キーを押しながらオブジェクトをドラッグ

オブジェクトをグループ化する

コマンド-R

オブジェクトをロックする

コマンド-option-L

選択したオブジェクトを 1 ポイント (ポイントまたはインチに設定されている場合) または 0.1 cm (cm に設定されている場合) 移動する

矢印キー

選択したオブジェクトを矢印キーを使用した場合の 10 倍移動する

shift + 矢印キー

選択したパートの順序を変更する

shift キーを押しながらパートをドラッグ

オブジェクトを 90 度回転させる

コマンド-option-R

選択したオブジェクトを背面に移動する

コマンド-shift-]

オブジェクトを最背面に移動する

コマンド-option-]

オブジェクトのグループを解除する

コマンド-shift-R

オブジェクトのロックを解除する

コマンド-shift-option-L

インスペクタのキーボードショートカット

 

目的

押すキー

インスペクタを表示または非表示にする

コマンド-I

インスペクタの位置 コマンドタブを表示する

コマンド-1

インスペクタのスタイル コマンドタブを表示する

コマンド-2

インスペクタの外観 コマンドタブを表示する

コマンド-3

インスペクタのデータ コマンドタブを表示する

コマンド-4

フィールドタブ (レイアウトモード) のキーボードショートカット

 

目的

押すキー

フィールドタブを開く

コマンド-K

フィールドタブに新しいフィールドを追加する

コマンド-return または コマンド-enter

選択したフィールドの名前を変更する

return または enter

オブジェクトタブのキーボードショートカット

 

目的

押すキー

オブジェクトタブを表示または非表示にする

コマンド-option-T

レイアウトツール関係のキーボードショートカット

 

目的

押すキー

現在のツールを選択ツールに切り替える

テンキーがある場合には return キーまたは shift-return、テンキーがない場合には fn-return または fn-shift-return

線ツールを水平または垂直線に固定する

shift キーを押しながら線を描画

線ツールで 45 度単位の角度で線を描画する

option キーを押しながら線を描画

オブジェクトを水平方向だけまたは垂直方向だけに移動する

shift キーを押しながらオブジェクトを移動

楕円ツールで円を描画する

option キーを押しながら円を描画

長方形ツールで正方形を描画する

option キーを押しながら正方形を描画

オブジェクトを正方形または円にのみサイズ変更する

option キーを押しながらオブジェクトのサイズを変更