リファレンス > スクリプトステップリファレンス > 制御に関連するスクリプトステップ > Loop
 

Loop

スクリプトステップのセットを繰り返してバッチ処理を実行します。

参照 

オプション 

なし

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

たとえば、対象レコード内のすべてのレコードからオブジェクトフィールドの内容をエクスポートするために [Loop] を使用します。このスクリプトステップと [End Loop] スクリプトステップの 2 つのスクリプトステップ間に記述された一連のスクリプトステップが繰り返されます。このスクリプトは、次のいずれかのステップに到達するまでスクリプトステップを繰り返し実行します:

[Exit Loop If] スクリプトステップ

[最後まできたら終了] オプションが選択されている場合は、[レコード/検索条件/ページへ移動] スクリプトステップまたは [ポータル内の行へ移動] スクリプトステップ

[Loop] ステップを記述したら、必ず、その後に同じインデント位置で、対応する [End Loop] ステップを記述しなければなりません。[Loop] スクリプトステップを使用すると、スクリプト編集パネルで [End Loop] スクリプトステップが自動的に入力されます。

例 1 

すべてのレコードで [顧客::勤務先電話番号] の内容を [顧客::日中の連絡先] にコピーします。

レコード/検索条件/ページへ移動 [最初の]
Loop
フィールド設定 [顧客::日中の連絡先; 顧客::勤務先電話番号]
レコード/検索条件/ページへ移動 [次の; 最後まできたら終了: オン]
End Loop

例 2 

レコードをループして、オブジェクトフィールド内のファイルをエクスポートします。

変数を設定 [$パス; 値: Get (ドキュメントパス) & 製品::オブジェクト]
レコード/検索条件/ページへ移動 [最初の]
Loop
フィールド内容のエクスポート [製品::オブジェクト; 「$パス」; フォルダを作成: オフ]
レコード/検索条件/ページへ移動 [次の; 最後まできたら終了: オン]
End Loop

関連項目 

Loop 構造の例

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)