リファレンス > スクリプトステップリファレンス > フィールドに関連するスクリプトステップ > ファイルを挿入
 

ファイルを挿入

ファイルまたはファイル参照を現在のオブジェクトフィールドまたは変数にインポートします。[ファイルを挿入] ダイアログボックスを構成します。

参照 

オプション 

[ダイアログオプション] では、カスタム [ファイルを挿入] ダイアログボックスを作成してファイルタイプのフィルタ、格納オプション、表示、圧縮オプションを選択します。[ファイルを挿入] オプションダイアログボックスを参照してください。

[ターゲット] では、ファイルを挿入するオブジェクトフィールドまたは変数を指定します。変数が存在しない場合は、このスクリプトステップによって変数が作成されます (変数の使用を参照)。

[ソースファイルの指定] では、挿入するファイルを指定します。ファイルパスの作成を参照してください。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

一部 

FileMaker WebDirect 

一部 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

このスクリプトステップを実行する前に、ターゲット変数を指定するか、現在のレイアウト上でターゲットオブジェクトフィールドを指定するか、オブジェクトフィールドをクリックするか、または [フィールドへ移動] スクリプトステップを使用します。[ターゲット] を指定していない場合は、アクティブなオブジェクトフィールドにデータが配置されます。それ以外の場合は、このスクリプトステップはエラーコードを返します。このエラーコードは Get (最終エラー) 関数を使用して処理することができます。FileMaker Pro Advanced では挿入するファイルを指定しなかった場合はダイアログボックスが表示されます。ここからファイルを選択することができます。

メモ 

FileMaker WebDirect では、[ダイアログオプション] および [ソースファイルの指定] オプションはサポートされていません。

FileMaker Go ではこのスクリプトステップとともに [ファイルを挿入] オプション ダイアログボックスの次のオプションが使用されます。[格納オプション] には [挿入] が使用され、[表示] には [ファイルの内容 (表示可能な場合)] が使用されます。

例 1 

相対パス file:ドキュメント/取り扱い説明書.doc を使用して、「ファイル」フィールドに移動してドキュメントを挿入します。

フィールドへ移動 [製品::ファイル]
ファイルを挿入 [「取り扱い説明書.doc」]

例 2 

ユーザがファイルを選択するカスタムファイル形式フィルタを含むダイアログを開き、選択されたファイルの圧縮を試み、ファイルをアクティブなオブジェクトフィールドに挿入します。

ファイルを挿入 [フィルタ; 挿入; 可能な場合圧縮]

例 3 

「ファイル名」フィールドで指定されたファイルを「ファイル」オブジェクトフィールドに挿入し、ファイルの内容の表示を試みます。

変数を設定 [$ファイルパス; 値: Get (ドキュメントパス) & 製品::ファイル名]
ファイルを挿入 [挿入; 内容を表示; 圧縮しない; 製品::ファイル; $ファイルパス]

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)