リファレンス > スクリプトステップリファレンス > フィールドに関連するスクリプトステップ > 現在のユーザ名を挿入
 

現在のユーザ名を挿入

現在のユーザ名を現在のレコードにあるフィールドまたは変数に貼り付けます。

参照 

オプション 

[内容全体を選択] オプションを選択すると、フィールドまたは変数の内容が置き換えられます。このオプションが選択されていない場合、次のようになります:

フィールドの場合、アクティブなフィールドで選択されている部分のみが置き換えられるか、または挿入ポイントにデータが挿入されます。選択されている部分がない場合は、挿入ポイントに結果が挿入されます。デフォルトの挿入ポイントはフィールド内のデータの末尾です。

オブジェクトデータがない変数の場合、変数の現在の値の末尾にデータが挿入されます。オブジェクトデータがある変数の場合、変数の内容が置き換えられます。

[ターゲット] では、貼り付け先のフィールドまたは設定する変数を指定します。変数が存在しない場合は、このスクリプトステップによって変数が作成されます (変数の使用を参照)。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

このスクリプトステップを実行する前に、ターゲット変数を指定するか、現在のレイアウト上でターゲットフィールドを指定するか、フィールドをクリックするか、または [フィールドへ移動] スクリプトステップを使用します。[ターゲット:] を指定していない場合は、アクティブなフィールドにデータが配置されます。それ以外の場合は、このスクリプトステップはエラーコードを返します。このエラーコードは Get (最終エラー) 関数を使用して処理することができます。

ユーザ名は、FileMaker Pro Advanced の [環境設定] ダイアログボックスの [一般] タブに表示されるユーザ指定の名前です。FileMaker Go の場合は、iOS でのユーザ指定のデバイス名です。よりセキュリティの高い方法でデータベースへのユーザアクセスを追跡するには、Get (アカウント名) 関数を使用して、現在のユーザのアカウント名を返します。

FileMaker WebDirect では、[現在のユーザ名を挿入] は、現在のユーザ名ではなくユーザのアカウント名を貼り付けます。

メモ 

FileMaker WebDirect では、このスクリプトステップを実行する前に手動でフィールドデータを選択した場合でも、スクリプトステップは選択が行われなかった場合と同様に実行されます。FileMaker WebDirect でこのスクリプトステップを実行する前にフィールドデータを選択するには、[選択範囲を設定] スクリプトステップを使用します。

例 1 

「電子メール履歴」レイアウトに切り替えて送信元フィールドに現在のユーザ名を挿入し、元のレイアウトに切り替えます。

レイアウト切り替え [「電子メール履歴」]
現在のユーザ名を挿入 [選択; 電子メール::送信元]
レイアウト切り替え [元のレイアウト]

関連項目 

[フィールド設定] スクリプトステップ

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)