オブジェクト、レイアウトパート、およびレイアウト背景の編集 > レイアウトオブジェクトの表示と非表示
 

レイアウトオブジェクトの表示と非表示

レイアウトオブジェクトの表示は、特定の条件や計算によってオブジェクトを表示するかどうかを示すことによって制御できます。たとえば、特定の質問に対するユーザの回答結果にしたがって、アンケートの特定のフィールドを表示または非表示にするように選択できます。

レイアウトオブジェクトを非表示にするには:

1. レイアウトモードで、オブジェクトを選択します。

2. インスペクタデータ ラジオボタンが表示されたフィールド タブをクリックします。

3. [次の場合にオブジェクトを隠す] で、データ をクリックし、オブジェクトを非表示にする計算を指定し、[OK] をクリックします。

4. 検索モードのオブジェクトに条件を適用するには、[検索モードで適用] を選択します。

メモ 

レイアウトモードの [表示] メニュー > [オブジェクト] > [条件を隠す] を選択すると非表示条件が設定されたオブジェクトを特定することができます。このようなオブジェクトにはレイアウトモードでバッジ インスペクタで選択された左、および上アンカー が表示されます。

計算式がエラーと評価された場合は、オブジェクトが非表示になります。

関連項目 

レイアウトオブジェクトのバッジ (アイコン) の認識方法

レイアウトオブジェクトの条件付き書式の定義

[ウインドウ内容の再表示] スクリプトステップ

[オブジェクトの更新] スクリプトステップ

GetLayoutObjectAttribute 関数