リファレンス > スクリプトステップリファレンス > 切り替え/移動に関連するスクリプトステップ > オブジェクトへ移動
 

オブジェクトへ移動

現在のレイアウト上の指定オブジェクトに移動します。

参照 

オプション 

[オブジェクト名] は、現在のレイアウト上でアクティブにする名前を付けたオブジェクトです。オブジェクトの名前付けを参照してください。

[繰り返し] (オプション) を使用すると、フィールドの移動先の繰り返しを選択することができます。それ以外はデフォルトで 1 に設定されます。このオプションはオブジェクトがフィールドでない場合には無視されます。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 8.5

説明 

このスクリプトステップはオブジェクトの識別にオブジェクト名を使用するため、移動先のレイアウト上の各オブジェクトに固有のオブジェクト名を割り当てる必要があります。

メモ 

このスクリプトステップが、最前面のタブパネル上またはスライドパネル上にないオブジェクトを指定する場合は、指定されたオブジェクトが選択され、このオブジェクトを含むパネルがパネルコントロール前面に移動します。

スクリプトステップがポップオーバー上のフィールドを指定する場合は、ポップオーバーが開きます。

例 1 

[名] というテキストフィールドへ移動します。

オブジェクトへ移動 [オブジェクト名: "名"]

例 2 

タブコントロールの複数のタブをナビゲートします。

If [請求書::ステータス = "支払い済み"]
オブジェクトへ移動 [オブジェクト名: "請求書の明細タブ"]
Else If [請求書::ステータス = "未払い"]
オブジェクトへ移動 [オブジェクト名: "請求書の支払いタブ"]
End If

例 3 

[請求書::ステータス] の値に応じて、[支払い済み] タブまたは [未払い] タブのいずれかにナビゲートします。

レイアウト切り替え [「請求書詳細」]
オブジェクトへ移動 [オブジェクト名: 請求書::ステータス]

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)

オブジェクトの名前付け

繰り返しフィールドの定義