リファレンス > 関数リファレンス > 日本語関数 > Furigana
 

Furigana

日本語テキストを、ひらがな、カタカナ、またはローマ字に変換します。

構文 

Furigana (テキスト {; オプション})

引数 

テキスト - 任意のテキスト式またはテキストフィールド

オプション - テキストの変換方法により 1 から 5

戻り値のデータタイプ 

テキスト

起点 

FileMaker Pro 14.0

説明 

日本語のテキストには、ひらがな、カタカナ、および漢字が使用されます。漢字には複数の読み方があり、Unicode による順序設定は適切ではありません。したがって、実用的にはそれぞれの漢字のふりがなでソートする必要があります。

オプション引数は、Furigana が指定されたテキストをひらがな、カタカナまたはローマ字のいずれかに変換するかどうかを指定します。

 

オプション

変換後のテキスト

1

ひらがな

2

全角カタカナ

3

全角ローマ字

4

半角カタカナ

5

半角ローマ字

オプションが指定されていない、または 1 から 5 以外の値の場合、Furigana は指定されたテキストをひらがなで返します。

例 1 

指定されたテキストをひらがなで返します。

Furigana ("フィールド境界線の例") は、「従業員と給与を表示するリスト」を返します。

例 2 

指定されたテキストをローマ字で返します。

Furigana ("フィールド境界線の例" ; 5) は、「toukyouto」を返します。

関連項目 

ふりがなオプションの定義

関数リファレンス (種類順)

関数リファレンス (名前順)

計算式について

関数について

計算フィールドの定義

計算式での演算子の使い方