リファレンス > スクリプトステップリファレンス > ウインドウに関連するスクリプトステップ > ウインドウの固定
 

ウインドウの固定

アクティブなウインドウを更新できないように固定します。

参照 

オプション 

なし

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

FileMaker Pro Advanced でスクリプトを実行している間、スクリプトの実行過程をユーザに見せないようにする場合に [ウインドウの固定] スクリプトステップを使用します。[ウインドウの固定] スクリプトステップの後でアクティブウインドウの更新を再開するには、[ウインドウ内容の再表示] または [スクリプト一時停止/続行] スクリプトステップを使用します。

メモ 

[ウインドウ内容の再表示] スクリプトステップはスクリプトの最後のステップである場合不要です。スクリプトが終了すると、FileMaker Pro Advanced により [ウインドウの固定] スクリプトステップがオフになり、ウインドウ内容が再表示されます。スクリプト内でウインドウを強制的に更新する場合は、[ウインドウ内容の再表示] スクリプトステップを使用します。

例 1 

ウインドウを固定し、「請求書の印刷」レイアウトに切り替えて印刷し、元のレイアウトに戻ります。

ウインドウの固定
レイアウト切り替え [「請求書の印刷」]
印刷 [記憶する: プリンタ; ダイアログあり: オフ]
レイアウト切り替え [元のレイアウト]

例 2 

ウインドウを固定し、すべてのレコードで「勤務先電話番号」フィールドのデータを「日中の連絡先」フィールドにコピーします。

ウインドウの固定
レコード/検索条件/ページへ移動 [最初の]
Loop
フィールド設定 [顧客::日中の連絡先; 顧客::勤務先電話番号]
レコード/検索条件/ページへ移動 [次の; 最後まできたら終了: オン]
End Loop

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)