データからのグラフの作成 > レイアウトモードでのグラフの作成と編集 > グラフ軸の書式設定および拡大縮小設定
 

グラフ軸の書式設定および拡大縮小設定

1. グラフを作成するか、レイアウトモードの既存のグラフをダブルクリックします。

2. グラフインスペクタで [グラフ] をクリックし、[軸のオプション] まで移動します。

3. [軸のオプション] が表示されていない場合は、指定ボタン をクリックします。

4. データポイントのデータ値を表示するには、[グラフにデータポイントを表示] を選択します。

5. 軸ラベルの表示オプションを設定するには、[X 軸]、[Y 軸] または [半径] (バブルグラフのみ) をクリックして次の操作を行います:

 

目的

操作

データポイントラベルの角度を変更する

[ラベルの角度] で、0 (ゼロ) から 90 の間の値を入力するか、角度コントロール グラフツール をクリックまたはドラッグします。

目盛を設定する

[目盛] で、次のいずれかを選択します:

[線形] を選択して、等差級数的に変化するデータ (売上の伸びまたは減少など) を測定します。

[対数] を選択して指数関数的に変化するデータ (デシベルまたは地震マグニチュードで測定される音波など) を測定します。

目盛の特性を指定する

[補助目盛 (大) を表示:] または [補助目盛 (小) を表示:] を選択して、値を入力し目盛上にラベルが表示される頻度を指定します。目盛設定を指定しないと、グラフ内のデータ値に基づいて適切な目盛設定 (自動) が推測されます。

[最小値を設定:] または [最大値を設定:] を選択して、値を入力し、目盛が表示される範囲を指定します。

正/負縦棒グラフ: [中点を設定] を選択して、カスタムの中点を指定します。デフォルトの中点はゼロです。

フィールドタイプに基づいたラベルを書式設定する

[データタイプ] で適切なフィールドのタイプを選択し、データ書式特性を選択します。たとえば、数字データは小数、パーセント、または通貨として表示できます。

メモ

カスタムの小数点または 3 桁区切りは、ASCII の印刷可能文字である必要があります。チルダ文字 (~) は許可されません。

小数の桁数は 0 (ゼロ) から 99 です。

[小数点以下の桁数] に正の数を入力します。

6. その他のオプションを設定し、[印刷] または [レイアウトとして保存] (クイックグラフ) をクリックするか、[終了] (レイアウトモードのグラフ) をクリックしてグラフを閉じます。クイックグラフの作成またはレイアウトモードでのグラフの作成と編集を参照してください。

メモ 

小数点および 3 桁区切り文字は、ハイフン (-) を除く ASCII 文字です。

データ系列に適用される書式が返されるデータと互換性がない場合 (たとえば、日付設定が「日付」文字列を含むテキストフィールドに適用されている場合など)、データポイントは無視されグラフに表示されません。

関連項目 

クイックグラフの作成