オブジェクト、レイアウトパート、およびレイアウト背景の編集 > レイアウト上のグラフィックの書式設定
 

レイアウト上のグラフィックの書式設定

ディスク上のイメージファイルを参照するグラフィックに書式を設定した場合、その変更は、FileMaker Pro Advanced に表示されているグラフィックにのみ反映されます。FileMaker Pro で書式オプションを設定することによって元のイメージファイルが変更されることはありません。グラフィックの挿入の詳細については、レイアウトへのグラフィックの挿入を参照してください。

レイアウト上のグラフィックの書式設定をするには、次の操作を行います。

1. レイアウトモードで、挿入されたグラフィックを 1 つまたは複数選択します。

2. インスペクタデータ ラジオボタンが表示されたフィールド タブをクリックします。

3. [データの書式設定] 領域で、グラフィック 保存されたスタイルボタン をクリックして使用する書式を選択します。

 

目的

操作

サイズを変えないでイメージを表示する

[書式] 一覧から [枠に合わせてそのままのサイズで表示する] を選択します。イメージが大きすぎて、グラフィックの境界内に納まらない場合は、そのイメージがクロップ (周囲を切り取って表示) されます。

境界内にちょうど納まるように、イメージを拡大する、縮小する、または拡大/縮小する

[書式] 一覧から、[枠に合わせてイメージを縮小する]、[枠に合わせてイメージを拡大する]、または [枠に合わせてイメージを拡大 / 縮小する] を選択します。

このときに [グラフィックの縦横比率を維持] を選択しないと、イメージが境界の縦横比に合わせて変形します。

イメージの縦と横の配置を設定する

[行揃え] で、縦と横の配置方法を選択します。

関連項目 

オブジェクトフィールドに対する書式の設定