リファレンス > スクリプトステップリファレンス > その他のスクリプトステップ > キャッシュをディスクに書き込む
 

キャッシュをディスクに書き込む

内部ファイルキャッシュを即時にコンピュータのハードディスクに書き込みます。

参照 

オプション 

なし

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

いいえ 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

FileMaker クライアントは、アイドル時に内部ファイルキャッシュの変更をコンピュータのハードディスク (または他のストレージ) に自動的に書き込みます (保存します)。レコードのインポートフィールド内容の全置換などのスクリプトステップで大幅な変更を行った後、このスクリプトステップを使用して FileMaker クライアントの内部ファイルキャッシュを強制的に書き込みます。

例 1 

対象レコードのすべてのレコードにシリアル番号を割り当てて、変更をディスクに書き込みます。

検索実行 [記憶する]
レコードのソート [記憶する; ダイアログあり: オン]
レコード/検索条件/ページへ移動 [最初の]
フィールド内容の全置換 [ダイアログあり: オフ; 製品::シリアル番号; シリアル番号]
キャッシュをディスクに書き込む

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)