リファレンス > スクリプトステップリファレンス > フィールドに関連するスクリプトステップ > フィールド内容のエクスポート
 

フィールド内容のエクスポート

アクティブなレコード内にある 1 つのフィールドの内容を新しいファイルにエクスポートします。

参照 

オプション 

[ターゲットフィールドの指定] では、エクスポートするフィールドを指定します。FileMaker Pro Advanced ではフィールドが指定されていない場合は、アクティブなテーブル内の現在のフィールドの内容がエクスポートされます。

[出力ファイルの指定] では、フィールド内容のエクスポート先のファイルの名前と場所を指定します。ファイルパスの作成を参照してください。ファイルが指定されていない場合は、このスクリプトステップを実行したときに、ファイル名と場所を選択するダイアログボックスが表示されます。

次を選択できます:

[ファイルを自動的に開く] は、デフォルトのアプリケーションで出力ファイルを開くことができます。

[ファイルを添付した電子メールの作成] は、デフォルトの電子メールアプリケーションで新規メッセージを表示して出力ファイルを添付することができます。

[フォルダを作成] では、出力ファイルパスを指定して新規フォルダを作成するかどうかを指定できます。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

一部 

FileMaker WebDirect 

一部 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

エクスポートされたフィールドの内容がテキストであれば、FileMaker は UTF-16 形式のテキストファイルを作成します。最初にテキストを別の形式に変換するには、TextEncode 関数を使用します。

メモ 

FileMaker WebDirect の場合:

[出力ファイルの指定] オプションおよび [フォルダを作成] オプションはサポートされていません。FileMaker WebDirect はフィールド内容を Web ブラウザのデフォルトのダウンロード先にエクスポートします。

このスクリプトステップは、モバイルブラウザではサポートされていません。

FileMaker Go の場合:

テキストは UTF-8 形式のテキストファイルとしてエクスポートされます。

[フォルダを作成] オプションはサポートされていません。

例 1 

新規フォルダとファイル名でエクスポートパスを設定するダイアログボックスを開き、イメージをエクスポートします。

フィールド内容のエクスポート [製品::ピクチャ; "携帯電話.png"; フォルダを作成: オン]

例 2 

設定したファイルパスに対象レコード内のすべてのレコードのオブジェクトフィールドからファイルをエクスポートします。

レコード/検索条件/ページへ移動 [最初の]
Loop
変数を設定 [$パス ; 値: Get (ドキュメントパス) & GetContainerAttribute (製品::オブジェクト ; "ファイル名")]
フィールド内容のエクスポート [製品::オブジェクト ; 「$パス」; フォルダを作成: オフ]
レコード/検索条件/ページへ移動 [次の; 最後まできたら終了: オン]
End Loop

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)