オブジェクト、レイアウトパート、およびレイアウト背景の編集 > フィールドのデータ入力動作の設定 > フィールド間を移動するためのキーの設定
 

フィールド間を移動するためのキーの設定

フィールドに対して、Tab キー、Return キー (Windows) か return キー (macOS)、Enter キー (Windows) か enter キー (macOS)、またはこれら 3 つのキーの任意の組み合わせを使用して次のフィールドに移動できるかどうかを指定することができます。特にタブ文字や改行文字を入力する必要のないフィールドの場合、設定するキーを増やすと、データ入力がより簡単になります。

フィールドを終了するために使用できるキーを設定するには、次の操作を行います。

1. レイアウトモードで、1 つまたは複数のフィールドを選択します。

2. インスペクタデータ 文字とオブジェクトの両方を回転 (全角の例) タブをクリックします。

3. [動作] 領域の [次のオブジェクトへの移動に使用するキー] で、フィールドを終了するために使用するキーを選択します。

メモ 

ほとんどの Windows キーボードには、2 つの Enter キーがあります。1 つはキーボードの主要部分に、もう 1 つはテンキーにあります。FileMaker Pro Advanced では、キーボードの主要部分の Enter キーは、Return キーと同じ動作をします。

Tab キーを押して次のフィールドに移動するように設定されている場合は、Ctrl+Tab (Windows) または option-tab (macOS) を押すことによって、フィールドにタブ文字を入力することができます。