リファレンス > スクリプトステップリファレンス > その他のスクリプトステップ > タッチキーボードの有効化
 

タッチキーボードの有効化

タッチキーボードを有効または無効にします。

参照 

オプション 

[オン] を選択すると、タッチキーボードが有効になります。

[オフ] を選択すると、タッチキーボードが無効になります。

[切り替え] を選択すると、タッチキーボードの有効と無効が切り替わります。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

一部 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

いいえ 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

一部 

起点 

FileMaker Pro 14.0

説明 

このスクリプトを使用して、FileMaker Go または Windows のタッチキーボードを有効または無効にします。[タッチキーボードの有効化] はフィールドに対してのみ使用します。このスクリプトステップは、ダイアログボックスのタッチキーボードには影響しません。

タッチキーボードの現在の設定を確認するには、Get (タッチキーボード状態) 関数を使用します。

メモ 

このスクリプトステップは、Windows 7 ではサポートされていません。

例 1 

FileMaker Go でタッチキーボードを有効にします。

タッチキーボードの有効化 [オン]

例 2 

タッチキーボードの現在の設定を確認し、有効な場合はタッチキーボードを無効にします。

If [Get (タッチキーボード状態) = 1]
タッチキーボードの有効化 [オフ]
End If

関連項目 

Get (タッチキーボード状態) 関数

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)