リファレンス > スクリプトステップリファレンス > アカウントに関連するスクリプトステップ > アカウントの有効化
 

アカウントの有効化

指定したアカウントを有効または無効にします。

参照 

オプション 

[アカウント名:] では、アクティブまたは非アクティブにするアカウントの名前を入力できます。

[アカウントを有効にする] を選択すると指定したアカウントが有効になります。

[アカウントを無効にする] を選択すると指定したアカウントが無効になります。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

はい 

FileMaker Cloud for AWS 

はい 

FileMaker Data API 

はい 

カスタム Web 公開 

はい 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 7.0

メモ 

このスクリプトステップは FileMaker ファイルアカウントにのみ有効です。

既存のアカウントを指定する必要があります。

このスクリプトステップを実行するには、[完全アクセス] アクセス権セットが割り当てられている必要があります。完全アクセス権よりも低いアクセス権が割り当てられているユーザがこのスクリプトステップを実行するには、スクリプトパネルで現在のスクリプトを右クリックして、[完全アクセス権を付与] を選択します。

このスクリプトステップを使用して完全アクセス権を持つアカウントを無効にすることはできません。

例 1 

「名前」フィールドの内容を表示し、その名前でアカウントを有効にするように求めるメッセージを表示します。

カスタムダイアログを表示 ["アカウント " & アカウント::名前 & " を有効にしますか?"]
If [Get (最終メッセージ選択) = 1]
アカウントの有効化 [アカウント名: アカウント::名前; 有効にする]
End if

例 2 

現在のアカウントを無効にして、別のアカウントにログインするように促すメッセージを表示します。

カスタムダイアログを表示 ["アカウント " & Get (アカウント名) & " を無効にしますか?"]
If [Get (最終メッセージ選択) = 1]
アカウントの有効化 [アカウント名: Get (アカウント名); 無効にする]
再ログイン [ダイアログあり: オン]
End if

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)