リファレンス > スクリプトステップリファレンス > レコードに関連するスクリプトステップ > 対象レコード削除
 

対象レコード削除

現在の対象レコード内のレコードをすべて削除します。

参照 

オプション 

[ダイアログあり] により、このスクリプトステップを実行したときにすべてのレコードの削除の確認をユーザに求めるダイアログボックスを表示するかどうかが指定されます。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

はい 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

はい 

FileMaker Server 

一部 

FileMaker Cloud for AWS 

一部 

FileMaker Data API 

一部 

カスタム Web 公開 

一部 

Runtime ソリューション 

はい 

起点 

FileMaker Pro 6.0 以前のバージョン

説明 

重要  レコードの削除を元に戻すことはできません。

[対象レコード削除] により、削除前に対象レコードのレコードのグループに対してロックが試行されます。グループのすべてのレコードをロックできる場合は、このスクリプトステップによってレコードのグループが削除され、次のレコードのグループに対してロックが試行され、以後同様に行われます。ロックできないレコードがある最初のグループ (たとえば、レコードが他のユーザによって編集中である場合) で [対象レコード削除] が停止し、エラーコードが返されます。このエラーコードは、Get (最終エラー) 関数を使用して処理することができます。

メモ 

現在のテーブルのすべてのレコードを削除するには、[全レコードを表示] スクリプトステップを使用した後に [対象レコード削除] を使用します。

例 1 

現在のテーブルのすべてのレコードを削除するかどうかを尋ねるメッセージを表示します。

全レコードを表示
対象レコード削除 [ダイアログあり: オン]

例 2 

現在の対象レコードのすべてのレコードを削除するかどうかを尋ねるメッセージを表示します。

カスタムダイアログを表示 [Get (対象レコード数) & " 個の対象レコードをすべて削除しますか?"]
If [Get (最終メッセージ選択) = 1]
対象レコード削除 [ダイアログあり: オフ]
End If

関連項目 

[テーブルデータを削除] スクリプトステップ

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)