レイアウトとレポートの作成と管理 > レイアウト上のボタンおよびボタンバーの操作 > ボタンバーの定義または変更
 

ボタンバーの定義または変更

ボタンバーを定義して、複数のボタンおよびポップオーバーボタンを水平または垂直に表示できます。各ボタンまたはポップオーバーボタンに対して、テキストラベル、アイコン、またはテキストとアイコンを追加できます。ボタンの場合、実行する単一のコマンドまたはスクリプトを割り当てることができます。

ボタンバーを定義または変更するには、次の操作を行います。

1. ボタンバーのボタンまたはポップオーバーボタンで (単一の FileMaker Pro Advanced コマンドではなく) スクリプトを実行する場合、最初にスクリプトを作成します。

スクリプトの作成と編集を参照してください。

2. レイアウトモードに切り替えて、レイアウトポップアップメニューからボタンバーのレイアウトを選択します。次に、次のいずれかの操作を行います:

新規のボタンバーを定義するには、ステータスツールバーボタンバーツール 位置 をクリックして、十字線をドラッグしてボタンバーを描画します。3 つのセグメントを含むボタンバーがレイアウト上に作成され、[ボタンバー設定] ダイアログボックスが表示されます。(セグメントはボタンまたはポップオーバーボタンとして定義します。)

ボタンバー定義を変更するには、レイアウト上のボタンバーをダブルクリックします。[ボタンバー設定] ダイアログボックスが表示されます。

3. レイアウト設定ボタン または レイアウト上のレイアウトトリガバッジ をクリックして、ボタンバーの向きを選択します。

4. ボタンバーのすべてのボタンにラベルを表示する方法を選択します。

デフォルトでは、テキストのラベルだけが作成され、中央揃えで配置されます。

5. [アクティブセグメント:] で、ブラウズモードまたは検索モードでデフォルトでアクティブ表示状態にするセグメントを選択します。

アクティブセグメントを設定しない場合は、[なし] を選択します。アクティブセグメントの計算式を作成するには、[指定...] を選択して、セグメントのオブジェクト名を返す計算式を入力します。オブジェクトの名前付けおよび式と関数の使い方を参照してください。

6. レイアウトの管理ダイアログボックスのレイアウトスクリプトトリガバッジ または レイアウト上のレイアウトスクリプトトリガバッジ をクリックして、デザインするセグメントに移動してラベルを作成します。

 

作成するラベル

操作

テキストのみ

テキストボックスにラベルを入力します。

テキストのための計算式を指定するには、レイアウト設定ボタン をクリックして計算式を定義します。[計算式の指定] ダイアログボックスを参照してください。

アイコンのみ

小さいオブジェクト用のオブジェクトスクリプトトリガバッジ をクリックして、表示されるアイコンの一覧からアイコンを選択します。

アイコンのサイズを変更するには、スライダをドラッグしてレイアウト上のアイコンのサイズを変更するか、サイズを (ポイントで) 入力します。

カスタムアイコンを使用するには、[+] をクリックしてファイル名 (PNG または SVG 形式) を選択し、[開く...] (Windows) または [挿入] (macOS) をクリックします。SVG のサポートの詳細については、FileMaker Pro SVG Grammar for Button Icons (英語) を参照してください。

このファイルのアイコンの一覧からカスタムアイコンを取り除くには、アイコンを選択して [-] をクリックします。アイコンが一覧から取り除かれますが、取り除かれたアイコンを使用するボタンまたはポップオーバーボタンは変更されません。

テキストとアイコン

テキストボックスにラベルを入力して、表示されている一覧からアイコンをクリックします。上記の情報を使用してラベルを完成させます。

ボタンバーにセグメントを追加するには、[+] をクリックします。セグメントを取り除くには、セグメントを選択して [-] をクリックします。

7. セグメントのボタンタイプ、[ボタン] または [ポップオーバーボタン] を選択します。

8. 選択したタイプに応じて、次の操作を行います:

[ボタン]。処理を選択し、カーソルの外観を変更します (ボタンの定義または変更の手順 5 および 6 を参照してください)。その後、次の手順 9 に進みます。

[ポップオーバーボタン]。ポップオーバーが開く方向を選択し、ポップオーバーにスクリプトトリガを割り当てます (ポップオーバー設定の変更を参照してください)。その後、次の手順 9 に進みます。

9. 手順 6~8 を繰り返して、各セグメントを定義します。

ボタンバー内でセグメントを再配置するには、次の操作を行います。

1. レイアウトモードで、ボタンバーを選択します。

2. セグメントをクリックしてクリックしたまま、新しい位置にドラッグします。

ボタンバーを移動するには、次の操作を行います。

レイアウトモードでボタンバーを選択し、ボタンバーを新しい位置にドラッグします。

メモ 

ボタンに関するその他のメモについては、ボタンの定義または変更を参照してください。

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (種類順)

スクリプトステップリファレンス (名前順)

ボタン、ポップオーバーボタン、およびポップオーバーの書式設定

ボタンバーの書式設定

塗りつぶし色、線のスタイル、境界線、影、およびパディングの設定