高度なツールの使用 > データビューアの使用
 

データビューアの使用

メモ  この機能は、[環境設定] ダイアログボックスの [一般] タブで [高度なツールを使用する] が選択されている場合に使用できます。高度なツールの使用を参照してください。

データビューアを使用して、フィールド値、ローカル変数とグローバル変数、および計算式などのを監視することができます。スクリプトを実行する間、またはスクリプトデバッガでスクリプトをテストする間、式を監視できます。データベースファイルのフィールド値および変数を監視することもできます。

[現在] タブは次を表示します:

スクリプト内で直接的、または計算内で間接的に参照されているかどうかに関係なく、現在実行中のスクリプトが使用するフィールド。

現在実行中のスクリプトが使用するローカル変数。

あらゆるスクリプトから独立したグローバル変数。グローバル変数は、スクリプトが現在実行されていない場合でも表示されます。

[監視] タブは式を監視します。データビュアーで、1 行につき 1 つの式を入力できます。データビュアーをスクリプトデバッガとともに使用すると [監視] タブは一時停止したスクリプトから式を表示し、これによってスクリプト実行時にデータがどのように変化するのかを確認できます。

現在実行中のスクリプトのフィールドと変数を監視するには:

1. [ツール] メニュー > [データビューア] を選択するか、スクリプトデバッガで スクリプトデバッガのステップインボタン をクリックします。

2. [現在] タブをクリックします。

式を監視するには:

1. [監視] タブをクリックします。

2. + をクリックするか、または既存の式をダブルクリックします。

3. [式の編集] ダイアログボックスに、[計算式の指定] ダイアログボックスと同じように式を入力します。

メモ 

使用しているアクセス権でデータビューアの使用が許可されていない場合は、スクリプトトリガ無効を示すスクリプトトリガの有効/無効ボタン をクリックして、完全アクセス権を持つアカウントにログインします。

スクリプトデバッガでアクセスの制限されたスクリプトにログインして編集する場合、アクセス権はデータビューアにも適用されます。データビューアからログインした場合、アクセス権はスクリプトデバッガにも適用されます。いずれの場合も、編集アクセス権はスクリプトデバッガまたはデータビューアを閉じるまで継続します。スクリプトのデバッグを参照してください。

スクリプト以外で定義されているグローバル変数とローカル変数は、ファイルへの完全なアクセス権を持つ場合にのみ表示されます。

[式の編集] ダイアログボックスの [自動的に評価する] を使用すると、式の入力時に結果が更新されます。式の自動評価に長い時間がかかる場合は、このオプションの選択を解除してから、[評価] をクリックして結果を手動で更新してください。

[現在] タブでは次のことが行えます:

式をダブルクリックすると、式の全体の値を示した [現在の値] ダイアログボックスが開き、値はコピーできます。変数の値は変更できますが、フィールドの値は変更できません。ダイアログボックスを閉じて変更した値を確定します。

繰り返しフィールドは、<フィールド名>[<値>] のような値が含まれる場合にのみ表示されます。最初の繰り返しは、角カッコなしで表示されます。繰り返しが計算される場合、計算が解かれるスクリプトステップに達するまで、値は表示されません。

関連項目 

式と関数の使い方

計算フィールドの定義

[計算式の指定] ダイアログボックス