データの追加と表示 > 表形式でのデータの操作
 

表形式でのデータの操作

表形式でレコードを表示する場合、FileMaker Pro Advanced ではデータはスプレッドシートのような行と列で表示されます。各行にはレコードが、列にはフィールドが表示されます。

フィールドの操作

ブラウズモードの表形式でデータを表示しながら、フィールドを作成、変更、削除できます。

メモ  表形式でフィールドを変更するには、[完全アクセス] アクセス権セットを使用してログインする必要があります。

 

目的

操作

フィールドを作成する

最初のフィールドを作成するには、表の最初の列の列タイトルで [フィールドの作成] をクリックします。追加のフィールドを作成するには、列タイトルの「+」をクリックします。

新しいフィールドの作成をキャンセルするには、変更を送信する前に、Esc を押します。

[環境設定] ダイアログボックスで [新規フィールドを現レイアウトに加える] の選択を解除すると、ユーザの作成した新規フィールドが現在のレイアウトに自動的に配置されないようにすることができます。環境設定: レイアウトを参照してください。

フィールド名を変更する

名前を変更するフィールドの列タイトルをダブルクリックしてから、新しい名前を入力します。

フィールド名の変更を破棄するには、列タイトルを終了する前に、Esc を押します。

ヒント  フィールド名を編集するには、Tab または Shift-Tab をクリックします。一番右の列タイトルで Tab を押すと、FileMaker Pro Advanced で新しい列が作成されます。

フィールドタイプを選択する

列タイトルを右クリックしてショートカットメニューを表示し、[フィールド] > [フィールドタイプ] からフィールドタイプを選択します。

フィールドオプションを設定する

列タイトルを右クリックして、[フィールド] > [フィールドオプション...] を選択します。フィールドのオプションの設定を参照してください。

1 つ以上のフィールドに基づいてレコードをソートする

列タイトルを選択し、オプションで追加の列タイトルを Ctrl-クリック (Windows) または command-クリック (macOS) します。選択した列タイトルを右クリックして [昇順でソート] または [降順でソート] を選択します。ソートアイコンが列タイトルに表示されてソート設定を示します。

複数の列を選択する場合は列が選択される順序によってソート順が決まります。

複数フィールドのソート順からフィールドを取り除く

未ソートのタイトルを選択してソートする列の選択を解除し、ソート順から削除するタイトルを右クリックして、[<フィールド名> をソートから削除] を選択します。

あらかじめ定義された値一覧でレコードをソートする

列タイトルを選択して右クリックし、[値一覧に基づく順位でソート] から値一覧を選択します。

1 つ以上のフィールドをソート順から取り除いて再度ソートする

複数のフィールドをソートし、ソート順から取り除く列タイトルを右クリックして [<フィールド名> をソートから削除] を選択します。ソート順内に残っているフィールドに基づくデータが再度ソートされます。

ヒントステータスツールバーの [ソート] をクリックして現在のソート順を表示します。

ファイルのソートを解除する

ソートされたファイルの列タイトルを右クリックして [ソート解除] を選択します。

フィールドを表示または非表示にする

レイアウトバーで [変更...] をクリックして [表形式の変更] ダイアログボックスでオプションを使用します。表形式でのフィールドの表示および非表示を参照してください。

または列タイトルを右クリックして [フィールド] > [フィールドを隠す] を選択し、選択したフィールドを隠します。表形式で非表示のフィールドを表示するには、列タイトルの + を右クリックして既存のフィールドの一覧からフィールドを選択します。

フィールドを削除する

列タイトルを右クリックして、[フィールド] > [フィールドの削除...] を選択します。テーブル定義、フィールド定義、およびデータの削除を参照してください。

レコードの使用

 

目的

ブラウズモードでの操作

新規レコードを追加する

表の下部の空白レコードにデータを入力します。表の下部の左余白で ビデオファイルのアイコンを表示しているオブジェクトフィールド をクリックします。次のように新しい行がテーブルの最後に追加されます:

レコードがソートされていない場合

または

[ソートされた順位でレコードを保持] が [レコードのソート] ダイアログボックスで選択解除されている場合

ソートされたデータの場合、新しい行が現在選択された行のソートカテゴリの最後の行に追加されます。

レコードを複製する

複製するレコードの左余白または右余白を右クリックした後、[レコード複製] を選択します。

レコードのデータをコピーする

コピーするレコードの左余白または右余白を右クリックした後、[レコードをコピー] を選択します。コピーしたタブ区切りデータをペーストできます。

レコードを削除する

削除するレコードの左余白または右余白を右クリックした後、[レコード削除] を選択します。

複数のレコードを同時に削除する

検索モードに切り替えて、削除するレコードを検索した後、[レコード] メニュー > [対象レコード削除...] を選択して [すべてを削除] をクリックします。検索条件の指定を参照してください。

レコードのソート

左余白または右余白を右クリックした後、[レコードのソート...] を選択します。[レコードのソート] ダイアログボックスを使用してレコードのソート方法を指定します。レコードのソート順の設定を参照してください。

表形式の表示オプションを設定する

 

目的

ブラウズモードでの操作

列を並べ替える

列タイトルを目的の場所までドラッグします。

列幅を正確に設定する

1 つまたは複数の列タイトルを選択します。ショートカットメニューから [表形式] > [列幅の設定...] を右クリックして選択します。

[表形式の設定] を編集します。

列タイトルまたは左余白または右余白を右クリックして、[表形式] > [プロパティを編集...] を選択します。

背景の色を変更する

レコードの左余白または右余白を右クリックした後、ショートカットメニューから [パートの色] を選択し、色を選択します。新しいレコードを追加する行の色と新しいフィールドを追加する列の色は、メインの背景色よりやや濃い色です。

レコードの変更用に異なる背景色を表示する

レコードの左余白または右余白を右クリックした後、[色の変更] ショートカットメニューから色を選択します。色をカスタマイズするかパートをイメージで塗りつぶすと、パートはロックされます。

動的レポートを作成する

表形式での動的なレポートの作成を参照してください。

デフォルトの表示設定を復元する

列タイトルまたは左余白または右余白を右クリックしてショートカットメニューから [表形式] > [リセット...] を選択します。

メモ  表形式のリセットでは表の外観の設定のみを変更します。たとえば、前部および後部の小計、および表に追加した色を取り除きます。表のリセットはデータには全く影響しません。

メモ 

複数の列を選択して、表形式で並べ替え、サイズ変更、またはデータのソートを実行することはできますが、複数のセルを選択することはできません。

表形式では、現在のレイアウトのボディパートにあるフィールドが表示されます。レイアウトに関連テーブルからのレコードを表示するポータルが含まれている場合、表形式では、最初の関連レコード (ポータルの最初の行) のデータが表示されます。

どの行でもグローバルフィールドを編集することができます。グローバルフィールド (グローバル格納を使用するフィールド) の定義を参照してください。

関連項目 

クイックグラフの作成

フィールド名の指定

フィールドタイプの選択