オブジェクト、レイアウトパート、およびレイアウト背景の編集 > フィールドのデータ入力動作の設定 > クイック検索の設定
 

クイック検索の設定

レイアウトでクイック検索を有効にすると、ブラウズモードで検索ボックスを使用して、レイアウト上の複数のフィールドのデータを検索することができます。

検索に含めるフィールドを設定するには、次の操作を行います。

1. レイアウトモードで、選択されたレイアウトにサポートされたフィールドに表示されるクイック検索バッジがない場合、[表示] メニュー > [オブジェクト] > [クイック検索] を選択してください。

各フィールドの横の小さなバッジは、フィールドがクイック検索に有効であることを示します。クイック検索バッジがフィールドの横にない場合、そのフィールドはクイック検索をサポートしていないか、検索に含めるように設定されていないため、検索できません。

 

カラーバッジ

意味

グレー 位置

そのレイアウトでクイック検索が無効になっていることを示しています。

定規とグリッドを示す空のレイアウト

そのフィールドが検索可能であることを示しています。

位置

そのフィールドは検索可能ですが、検索時間が緑のバッジのフィールドよりも長くかかる可能性があることを示しています。黄色のバッジのフィールドには、関連フィールド、索引設定ができないフィールド、計算結果を保存しない計算フィールドなどがあります。

2. 1 つまたは複数のオブジェクトを選択します。

3. インスペクタデータ 文字とオブジェクトの両方を回転 (全角の例) タブをクリックします。

4. [動作] 領域で、[クイック検索にフィールドを含める] を選択します。

クイック検索を有効またはリセットするには次の操作を行います。

1. レイアウトモードに切り替えて、レイアウトポップアップメニューから対象となるレイアウトを選択します。

2. レイアウトバーレイアウト設定 データ をクリックします。

3. [レイアウト設定] ダイアログボックスで、[クイック検索を有効にする] を選択します。

すべてのフィールドをデフォルトのクイック検索設定にリセットするには、[クイック検索をリセット] をクリックします。

メモ 

クイック検索は集計フィールド、オブジェクトフィールド、グローバルフィールドは検索しません。

デフォルトでは、マージフィールドは検索に含めるように設定されています。レイアウト上でのマージフィールドの配置を参照してください。

検索効率を向上するには、検索対象のデータを含むフィールドだけに絞ってください。例えば、曲のテーブルには、各曲のトラック番号とアーチスト名が含まれています。検索には、同じトラック番号のすべての曲の検索をしないようにトラック番号を除外し、アーチスト名だけを入れます。

関連項目 

ブラウズモードでのクイック検索の実行