リファレンス > スクリプトステップリファレンス > 制御に関連するスクリプトステップ > ローカル通知の構成
 

ローカル通知の構成

ローカル通知をキューまたは消去します。

参照 

オプション 

[処理] では、ローカル通知をキューするか、またはキューされている既存の通知を消去します。

[名前] では、ローカル通知の名前を指定してキューまたは消去します。通知ごとに固有の名前を指定する必要があります。

[スクリプト] では、ユーザが通知を操作した後に実行するスクリプトを指定します。通知が表示されるときに FileMaker Go が手前で実行されている場合、または FileMaker Go に通知が許可されていない場合にもスクリプトが実行されます。

[遅延] では、通知をキューするまでに待機する秒数を指定します。

[タイトル] では、通知のタイトルを指定します。

[ボディ] では、通知の本文を指定します。

[ボタン 1 ラベル]、[ボタン 2 ラベル]、または [ボタン 3 ラベル] では、通知の各ボタンのラベルを指定します。

[ボタン 1 前面]、[ボタン 2 前面]、または [ボタン 3 前面] では、ボタンのタップで FileMaker Go が手前に切り替わるようにするか、バックグラウンドのままにしておくかを指定します。計算結果が「1」(True) の場合、ボタンのタップで FileMaker Go が手前に切り替わります。結果が「0」(False) か、または指定されていない場合、FileMaker Go はバックグラウンドのままになります。

互換性 

 

製品 

サポート 

FileMaker Pro Advanced 

いいえ 

FileMaker Go 

はい 

FileMaker WebDirect 

いいえ 

FileMaker Server 

いいえ 

FileMaker Cloud for AWS 

いいえ 

FileMaker Data API 

いいえ 

カスタム Web 公開 

いいえ 

Runtime ソリューション 

いいえ 

起点 

FileMaker Pro 17.0 Advanced

説明 

FileMaker Go が実行されていない場合、またはバックグラウンドで実行されている場合、このスクリプトステップを使用してデバイス上に通知を表示します。FileMaker Go が実行されていない場合でも、オプションの遅延時間が経過した後で通知が表示されます。

スクリプトを指定する場合、次の複数行の引数がスクリプトに渡されます。

 

行番号

引数の値

1

通知の名前

2

次のいずれかの値:

NotificationSelected - ユーザが通知をタップした。

NotificationNotDisplayed - FileMaker Go が手前で実行されていたため、通知は表示されなかった。

NotificationNotAllowed - iOS デバイスで通知が無効になっている。

<ボタンのラベル> - ユーザが通知内の特定のボタンをタップした。

3

スクリプトがキューされたときに FileMaker Go が手前で実行されていた場合は「1」、スクリプトがキューされたときに FileMaker Go がバックグラウンドで実行されていた場合は「0」。

4

[スクリプト指定] ダイアログボックスのオプションのスクリプト引数

メモ 

新しい通知とキューされた通知が同じ名前の場合、前の通知が消去されてから新しい通知がキューされます。

ユーザが通知をタップする場合、FileMaker Go が手前に切り替えられてから指定されたスクリプトが実行されます。通知が表示されてもユーザが操作をしなかった場合、スクリプトは実行されません。

例 1 

ボタンやスクリプトを指定せずに通知をキューします。

ローカル通知の構成 [処理: キュー; 名前: "ビーコンの検出"; 遅延: 30; タイトル: "ビーコンが検出されました"; ボディ: $beaconMessage;]

例 2 

キューされた通知を消去します。

ローカル通知の構成 [処理: 消去; 名前: "ビーコンの検出";]

例 3 

10 分の遅延時間が経過した後で通知をキューします。ユーザが「再通知」ボタンをタップするたびに再度「通知処理」スクリプトが実行され、10 分後にリマインダーがユーザに送信されます。ユーザが「再通知」ボタンをタップした場合、次の複数行の引数が「通知処理」スクリプトに渡されます:

リマインダー
再通知
0

ユーザが「今すぐ準備する」ボタンをタップした場合、「通知処理」スクリプトによって「今すぐレポートを準備」スクリプトが実行されます。

「通知処理」スクリプト:

変数を設定 [$param; 値: Get (スクリプト引数)]変数を設定 [$buttonLabel; 値: GetValue ($param; 2)]If [(ValueCount ($param) = 0) or (PatternCount ($buttonLabel; "再通知") > 0)]ローカル通知の構成 [処理: キュー; 名前: "リマインダー"; スクリプト: 「通知処理」; 遅延: 600; タイトル: "在庫レポート"; ボディ: "在庫レポートの準備をしてください。"; ボタン 1 ラベル: "今すぐ準備する"; ボタン 2 ラベル: "再通知"; ボタン 1 前面: True]Else If [Exact ($buttonLabel; "今すぐ準備する")]スクリプト実行 [指定: 一覧から; 「今すぐレポートを準備」; 引数: ]End If

関連項目 

スクリプトステップリファレンス (名前順)

スクリプトステップリファレンス (種類順)