データからのグラフの作成 > レイアウトモードでのグラフの作成と編集 > 縦棒グラフ、横棒グラフ、線グラフ、面グラフ
 

縦棒グラフ、横棒グラフ、線グラフ、面グラフ

グラフの作成を開始するには、クイックグラフの作成またはレイアウトモードでのグラフの作成と編集を参照してください。

1. グラフを作成するレコードを検索します。検索条件の指定を参照してください。

単一のレコードに保存されている区切りデータまたは関連レコードからのデータをグラフ化する場合、データソース設定を指定します。グラフのデータソースの指定を参照してください。

2. [グラフ設定] ダイアログボックスで、グラフのタイプを選択します。グラフのタイプについてを参照してください。

3. 次の設定を入力します:

 

X 軸 (水平) の場合

操作

タイトル

タイトルを入力するか、または 新規フィールドボタン をクリックして [フィールド名の指定...] または [計算式の指定...] を選択し、ダイアログボックスに入力して [OK] をクリックします。

データ

新規フィールドボタン をクリックして X 軸のデータ系列を指定します。これは、比較対象のデータです (会社名など)。

4. 集計データを含むクイックグラフを作成する場合、グラフインスペクタの [集計] メニューをクリックして異なる集計タイプを選択できます。

5. 次の設定を入力します:

 

Y 軸 (垂直) の場合

操作

タイトル

タイトルを入力するか、または 新規フィールドボタン をクリックして [フィールド名の指定...] または [計算式の指定...] を選択し、ダイアログボックスに入力して [OK] をクリックします。

データ

新規フィールドボタン をクリックして Y 軸のデータ系列を指定します。

Y 軸の追加のデータ系列を指定するには、[Y 軸系列を追加] をクリックし、この手順を繰り返して [系列名] (タイトル) および [データ] の設定を完了します。

別の Y 軸系列を指定するには、[+] をクリックします。

データ系列を Y 軸から取り除くには、系列を選択して [-] をクリックします。

Y 軸データ系列の順序を変更するには、一覧内の項目をドラッグします。

Y 軸上で最大 12 のデータ系列を入力できます。

メモ

横棒グラフおよび積み重ね横棒グラフ: Y 軸は比較対象となるデータです。

積み重ね縦棒グラフ: 効果的に比較するには、複数の Y 系列を指定します。

面グラフ: 複数系列の面グラフでは、データ系列の重なり順は、Y 系列が [グラフ設定] ダイアログボックスで定義される順序を反映します。一覧内の最初の系列は一番上に表示され、一覧内の次の系列が次に続きます。

記号

(線グラフ)

記号を選択してグラフ内の各データポイントにマークを付けるか、[なし] を選択して記号を非表示にします。最終グラフの記号の色は、グラフインスペクタの [スタイル] 領域の配色設定で決まります。グラフの外観の変更を参照してください。

6. 複数系列のデータをグラフ化している場合、[凡例を表示] を選択してグラフ内の凡例を表示します。凡例内のラベルを変更するには、[系列名] を編集し、テキストボックスの外側をクリックします。

7. 軸のオプションを設定するには、グラフ軸の書式設定および拡大縮小設定を参照してください。

8. 配色、凡例の外観、またはフォントスタイルを変更するには、グラフインスペクタで [スタイル] をクリックします。グラフの外観の変更を参照してください。

9. [印刷] または [レイアウトとして保存] (クイックグラフ) をクリックするか、[終了] (レイアウトモードのグラフ) をクリックしてグラフを閉じます。クイックグラフの作成 または レイアウトモードでのグラフの作成と編集 を参照してください。